PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201708086246

Preston Park - ブライトンの公園 〜 イギリスワーキングホリデー

Preston Park - ブライトンの公園 〜 イギリスワーキングホリデー
一面の花畑に癒されます!

 気温が少し下がり、曇りや雨の日が続くブライトンです。すでに晩秋のような雰囲気も漂い、「もう夏は終わりなのかしらね…」と店員さんと会話を交わすことも増えてきました。しかし!まだ日没も遅いので、少しでも晴れ間が見えれば公園に出かけるのには、暑すぎずよい季節です。ブライトンの公園として、以前の記事で『The Rockery』を紹介したのですが、今回はこの公園の前に位置する、より広いPreston Park(プレストンパーク)について少し紹介したいと思います。

 プレストンパークは電車の駅もあり、ブライトン駅からは電車で5分。ブライトン駅から歩けば約15分くらいのところにあります。ブライトン&ホーヴ市の中では非常に大きい方の公園で、芝が広がり、公園内にはテニスコート、ボーリングコート、ローズガーデン、池、カフェ(2か所)、遊具エリアなどもあります。1884年に公式にオープンとなったこの公園では、しばしばイベントが開かれているのですが、最も有名なのは毎年8月に催されるPride Paradeの最終目的地としてではないかと思われます(Pride Paradeの様子は次回の記事で配信したいと思っています)。公園ではパレードにあわせ、1週間くらい前から金属の柵が張り巡らされ、ローズガーデンや大木などにも保護柵がされ、人々の波に備えます。

 パレードの日には相当の人出がありますが、いつもはいたって平穏な公園で、犬の散歩をする人々や子供連れ、公園で軽スポーツを楽しむ人たちでにぎわっています。私が出かけた日は、野原エリアが満開になっていて写真を撮る人がちらほら見られました。この野原エリアは季節ごとにすべて耕して、毎回花の模様替えをするのでとても感心してしまいます。今はイギリスらしい色だなと思える紫、黄色、青色などの花々が目を楽しませてくれました。

 ブライトンに来て、エネルギッシュな町に少し疲れたら、ぜひプレストンパークまで足を運んでみてください!



2017年08月08日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]