PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201401175334

イギリスのお正月って!? 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスのお正月って!? 〜 イギリスワーキングホリデー
お正月までクリスマス気分
 日本のみなさま、ワーキングホリデイを楽しんでいる世界中のみなさま、あけましておめでとうございます!みなさまは、どんなお正月を過ごされましたか?
クリスマスの日が終わると、日本はいっきにお正月モードが加速しますよね。クリスマス・デイのその晩から、街のクリスマスイルミネーションは、慌ただしく門松に代わり、お正月風の飾り物で街が賑わいます。ところが、イギリスは、クリスマスが終わってもずるずるとクリスマス気分を引きずるのが慣例となっているようなんです。
イギリスでは、クリスマスを過ぎるとボクシングデイという休日があります。クリスマスの連休中は、日本のお正月のように、久々に家族で集まってお食事をしたり、楽しみにしていたプレゼント交換などをして団らんを楽しみます。ところが、ニューイヤーとなると、家で思い思いに過ごす人もいれば、友人達とカウントダウン・パーティーに参加するなど、いたってカジュアルな日という位置づけになっているようです。ニューイヤーに特別な思い入れも、宗教上の行事もないためか、クリスマスの延長線上として通り過ぎて行く感があります。そういうことからも、家庭や街に飾られたクリスマスツリーはニューイヤーも飾りっぱなしなのです。実に1月6日ごろまでクリスマスツリーを出しっ放しという習慣があるそうで、すっかりクリスマスを忘れて「和」な気分に浸るのが常な日本のお正月とくらべると、文化の違いを感じさせられますね。
2014年01月17日(金) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]