PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201605176032

公園で日光浴 〜 イギリスワーキングホリデー

公園で日光浴 〜 イギリスワーキングホリデー
朝10時くらいからすでに芝にごろん

 5月に入って、ブライトンの日差しは夏らしくなってきました。週末の町は語学学校に通っている各国の学生が団体や、ロンドンからの日帰り客で賑わっています。彼らの目的は言うまでもなくブライトンビーチ(砂浜ではなくて小石の浜)だったり、小さな個性的なショップやアンティーク、古着屋が集まるノースレーンだったり様々です。夏の暑い日などには数万人の人出があるので、身動きが取れにくい道もできます。

 小さなリゾート地と化すブライトンには、ロイヤル・パビリオンと呼ばれる観光名所があります。見た目は「ここはどこの国だったっけ?」と首を傾げたくなる、エキゾチックな宮殿ですが、18世紀ジョージ4世時代に、王室の別荘として建てられた離れの宮殿とのこと。実はこの建物自体でなく、その周りに広がる公園を、簡単にですがぜひ皆さんにご紹介したいと思います。


公園で日光浴 〜 イギリスワーキングホリデー
庭も素敵

 宮殿の周りは花が咲き乱れる公園になっています。花が咲く道を進んでいくと、開けた芝生エリアがあって、その奥にカフェがあります。英国人は天気が良くなってくる4月に入るとすぐに芝に転がったり、ピクニックを始めたりします。この光景を見ると「あぁ、イギリスだなぁ」と思うのは私だけではないはず。

 このブライトンの公園でくつろぐ人々は観光客よりは、地元に暮らす人が多いような気がします。カフェでは週末に地元バンドの演奏などが開催されることも。芝エリアでは太極拳、ジャグリング…様々な時間の楽しみ方をしている人も見られます。

もちろん、前述の通り、これは「英国の風景」。観光スポットめぐりもいいですが、時間に余裕があったらぜひ、天気のいい日にサンドイッチでも持って近くの公園に行ってみてください。人々に混じって日光浴をするだけで、ちょっとした英国住まいの気分が味わえること、間違いありません!


2016年05月17日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(2)


イギリス関連の記事

この記事へのコメント

Muchiko 2016/07/08/04:48
mikiさま

記事を拝読いただきありがとうございます。

大変お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

すでに語学学校を決定されたかもしれませんが、ご参考までに返信を遅ればせながらさせてください。

>渡英の時期ですが、どちらも時期的には良い気がします。ですが、あえて違いで言うなら、夏の方が人数としては語学学校の学生や、秋入学の大学に通う留学生の到着でにぎわいます。おそらく語学学校も選べば、欧州からの多くの学生さんたちと知り合えると思います。ただ、学校によっては団体さんで来ていているところもあるので、小規模の良いレビューのある学校を見つけること、そして、夏だけの短期の学生だけでなく、長期のコースがある学校を選ぶと、長く付き合いができる友人が見つかる可能性が高くなると思います。

>YorkとBrightonはまったく雰囲気が違います!Yorkは街並みがおそらく我々日本人の思うザ・イギリス。Brightonは服装など、なんでもありの自由の町です。私は東京をよくしりませんが、ある友人は「原宿みたい」と言っていました。
どちらに暮らすにしても、日本人の多さはあまり問題にはならないと思います。Brightonは多いと聞くのですが、私は3年暮らしていて出会ったのは片手くらい。ましてや定期的に会う人は1人です(おまけに美容師さん)。仕事をしていたり、学生をしていると、意外にあわないものです。

>季節としては北にあるYorkの方がやはり寒くて暗い日が多いです。私は暑がりなので、Yorkが恋しくなることもありますが、Yorkは近年洪水の被害が多くなっていることはちょっと気になります。
生活ですが、率直に言うと、やはり差別的な経験は圧倒的にYorkの方が多いです。(残念ですが)。差別に会う人と会わない人がいるので一概には言えないので、あくまでも個人の経験です。BrightonはLGTBにもオープンな町として有名なだけあって、外国人にも比較的優しい気がします。

最後に、これは余談ですが、Yorkでは英語に特徴的なアクセントがあります。Brightonはどちらかと言えばそれがありません。

Yorkには有名なティールームや大聖堂もあって、今でもたまに行きたくなります。今住んでいるBrightonは住み心地もいいのですが、イギリスの風景…とは少し違うので。

あまり参考になってないかもしれませんが、何かあればまたコメントください。

mikiさんの滞在が実り多いものになるよう、心より祈っております。

miki 2016/05/24/22:26
Muchikoさま

2016年のYMSに当選し渡英予定のmikiと申します。はじめに語学学校に通う予定なのですが渡英先をYorkかBrightonで悩んでいたところMuchikoさんの記事を発見し、過去数年分を読ませていただきました。

・夏から渡英するか、秋から渡英するか
・Yorkにするか、Brightonにするか

上記の2点で悩んでおります。Yorkは街並みや日本人が少ないという点に惹かれ、Brightonはアートが盛んで欧州からの留学生が多いという点に惹かれています。。

ぜひ両地区に住まわれていたMuchikoさんから場所による季節の違いや生活のしやすさなど率直なご意見などお伺いできれば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]