PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201706276229

イギリスへ渡航予定の方へ 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスへ渡航予定の方へ 〜 イギリスワーキングホリデー
6月3日に発生したロンドン橋付近でのテロ

 ご存じの通り、イギリスでは今年に入ってからテロや事件が相次いで発生しています。その影響で、この夏はイギリスへの渡航を諦めたり、延期したりという人も少なからずいるようです。イギリスは治安のよい、安全な国のイメージが強かっただけに、こういった事件や事故が相次いでイメージがダウンしていることは本当に残念です。

 ロンドンだけでなく、イギリス全体でテロが発生する危険性がこれまで以上に高まっています。イギリスの総選挙の前後やラマダンの期間には特に注意をするよう、外務省は在住者や旅行者に呼びかけていましたが、それ以外の時期でも十分な注意が必要です。

 イギリスに渡航や滞在を予定されている方は、「テロの標的となりやすい場所」には極力近づかないようにしてください。空港、駅、観光施設、モスクなどの宗教施設、ショッピングモール、マーケット、コンサート会場、イベント会場など不特定多数の人が集まる場所がテロの標的となりやすいとされています。


 もちろん、それ以外の場所にいても100%安全だとは言い切れません。テロに限らず、ここスコットランドでもレイプ事件やスリ事件が発生しています。いつどこでもテロや事件が発生する危険があることを忘れず、常に周囲の状況に注意を払うようにしてくださいね。

万が一の時のために、イギリスに3ヵ月以上滞在する方は「在留届」の提出を、3ヵ月未満滞在の方は、「たびレジ」への登録をしておくことを強くおすすめします。

在留届:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
たびレジ: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

写真:www.huffingtonpost.jpより


2017年06月27日(火) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]