PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201308305170

今年は本格的な夏が到来! 〜 イギリスワーキングホリデー

今年は本格的な夏が到来! 〜 イギリスワーキングホリデー
この夏は友人宅でプールパーティ
 イギリスの夏といえば、「短い」。そんなイメージがつきものです。日本のようにスケジュール通りにしっかり気候が変わる季節ではなく、気まぐれのように暑くなったり寒くなったりするので、着ていく服に苦労することもあります。ここ数年のイギリスの気候は、日本よりも早く4月頃から突然の夏日があり、ついつい夏の訪れを期待するのですが、5月から6月ごろまで雨がちになり、すっかり寒くなってしまう…という傾向が多かったような気がします。今年はといえば、4月5月は春とは思えないほど寒く、6月中旬頃まで肌寒い日が続きました。あまりに寒いので、今年はもう夏は来ないのではないかという不安をイギリスに住む誰もが抱いたことでしょう。ところが、6月の下旬頃からぐっと気温が上がり、7月中はほとんど雨も降らないほどの夏日がまるまる一ヶ月間も続いたのです。この現象はイギリスでは、とても珍しいことでした。
イギリスの夏は、日射しは強いものの、基本的には爽やかでとても過ごしやすいのです。イギリス人は、とても分かりやすい人たちで、晴天や夏日が続くと性格も俄然明るくなります。気持ちもオープンになってしまうのか、上半身裸で街を闊歩する男性も増えてしまいます。私も今年は、友人のお宅にあるプールパーティにお邪魔させていただくことができました。イギリスに住んでいると、暑い日射しを浴びながら水遊びができることがとても貴重でありがたく、日本にいたときよりも楽しめるようになるのです。あまりにも景気良く夏日が続いたことも会って、すぐに終わるのではないかと予想していた今年の夏。ところが、蒸し暑さは増したものの8月の下旬になっても、まだまだ夏日は続いています。今年は、多くの人たちがバーベキューにプール、海水浴、夏のロックフェスティバルなどサマーイベントを満喫できたのではないでしょうか。

2013年08月30日(金) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]