PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201406035486

ブライトンに行こう! 〜 イギリスワーキングホリデー

ブライトンに行こう! 〜 イギリスワーキングホリデー
イギリスでリゾート気分
 海が輝く季節になりました。残念ながら、少し気温が下がったこともあって、「夏の到来」とはまだ言えないものの、明らかにブライトンの週末人口は倍増した気がします。
ブライトンはロンドンの主要駅(ヴィクトリア駅、ロンドン・ブリッジ駅からは約1時間、セント・パンクラス駅からは約1時間半)から直通があり、アクセスはとても便利です。
(ちなみにチケットに関しては、ヴィクトリア駅からより、なぜかロンドン・ブリッジ駅の方が若干お安くなっています。

週末になると、海辺の解放感を求めてか、多くのロンドナーが日帰り旅行にやってきます。有名なノースレーンにはアンティークショップや、地元デザイナーたちが出品しているショップが軒を連ね、カフェも多数あります。

ここで私がおすすめのカフェを1軒ご紹介します。
駅から徒歩約10分。主要道路沿いに『Moksha』と言うカフェがあります。(詳細はリンクを)URL: http://www.mokshacaffe.com/
前からあることは知っていたのですが、ロケーションが少し地味で、なんとなく入らなかったのですが、1度その味を知ってから、入らなかったことに後悔したほど。地元の人の憩いの場で、特にバギーでやってくる家族連れでにぎわいます(それほど、フレンドリーでアクセスもよい!)。メニューは地元のもので、有機栽培が多く、何を食べても美味です。私はあまりクロワッサンが好きではないのですが、毎週食べているほど好きになったのがここのアーモンドクロワッサン。かなり人気なので、朝から行かないと、昼にはなくなっています。またBaked Potatoの、Swedish Prawn Skagen with crxJ雅e fraicheもとてもおいしく、これらのメニューも、早めに行かないと売り切れになってしまいます。
Mokshaはブライトン&ホーブ地域対象のフードアワードで、カフェで第3位の人気。きっと訪れられたら、納得してもらえると思います。

余談ですが、このカフェから徒歩5分もすればレーン。特に店の密集するKensington Gardensにはベジタリアンのカフェやレストランもあります。Iydeaは特に有名でベジタリアン・ソサエティのお墨付きだとか。
http://www.iydea.co.uk/Iydea_Vegetarian_Restaurant/Welcome.html

ブライトンは開放的な文化で、日本でよくみられるBritish Britishではないかもしれませんが、とても刺激のある町です。この夏、ぜひ訪れてみられては?
2014年06月03日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]