PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201805226362

今こそ訪れたいオックスフォードの古い街並み 〜 イギリスワーキングホリデー

今こそ訪れたいオックスフォードの古い街並み 〜 イギリスワーキングホリデー
タイムスリップしたかのよう

 今年度の世界大学ランキングで世界1位を記録したオックスフォード大学。数多くの著名人や首相を輩出していることでも知られる、世界トップの名門大学ですので、同校を見学するために観光に訪れる方も多いです。
オックスフォードに住んでいると、観光客の方に「オックスフォード大学のメインキャンパスはどこですか」と尋ねられることがあるのですが、オックスフォード大学にはメインのキャンパスというものが存在しないので、返答に困ってしまうことが良くあります。


 実は、オックスフォード大学というのは、38つのカレッジと学部で構成されている集合体で、街の各所に建物が点在しているのです。したがって、オックスフォード大学という一つの建物があるわけではないのです。

オックスフォード大学に通う学生たちは、全員各カレッジに所属しています。カレッジでは、個別指導や学習支援が行われるほか、食事も寮も全てカレッジでまかなわれます。生徒たちは、主講義を受けたり大学共有の研究室を使うために、カレッジから移動することもありますが、生活のほとんどをカレッジで過ごしているのです。


 それぞれのカレッジには規則や伝統、カラーがあり、それぞれの個性が生み出されてきました。オックスフォードの街が大学として機能し始めたのは、1096年だと言われており、最初のカレッジが建てられたのは1249年と言われているので、その歴史は大変古いものです。

クライストチャーチカレッジだけで13人の首相を生み出しており、他にもホーキング博士、「不思議の国のアリス」のルイス・キャロル、「ロード・オブ・ザ・リング」のJRRトールキン、オスカー・ワイルドなどの世界的に有名な文豪たちも輩出しています。


 中世の街並みを色濃く残す、大変美しい街となっておりますので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。




2018年05月22日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]