PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201209044616

ローカルフードを楽しむハイキング 〜 Ludlow 〜 イギリスワーキングホリデー

ローカルフードを楽しむハイキング 〜 Ludlow 〜 イギリスワーキングホリデー
記念のグラス。旅のいい思い出になります。
9月に入り急に肌寒くなったエディンバラからお届けする今回の記事は、イングランドとウェールズの境にあるLudlowとよばれる街のフード&ドリンクウォーキングについてをお届けします。

8月中旬に休みを取り、エディンバラから電車を乗り継いで約4時間ほどの所にあるこの街につきました。なぜこんな遠くに来たのかというと、とあるウォーキング大会に参加する為です。その大会とは、街周辺をハイキングで楽しみつつ地元でつくられた食品をいただくというものです。
この街は、小さな街なのですが、美味しいものが集まっているということで有名なところです。いたるところに小さな専門店があり種類も豊富です。チーズ、お肉、八百屋、お酒屋さん。地元で作られているものがいっぱいです。

ローカルフードを楽しむハイキング 〜 Ludlow 〜 イギリスワーキングホリデー
お待ち兼ねの休憩所
さてこの大会、今年で9年目を向かえ、今回は600名が参加をしたそうです。年々参加者が増えているようで混雑を避けるため出発時間が10から11時の間で数回に分けられていました。私は後半出発の組でした。大体5から6時頃ゴールと設定されています。マップはなく、言葉で説明された行き方(イギリスでよくあるガイド法)とスタンプラリーの冊子が渡されます。このウォーキングの一番の楽しみである軽食と飲み物のメニューが載っています。
では、いざ出発!スタート地点で、記念品になる飲み物用グラスと地元のミネラルウォーター、チョコクッキーを貰いました。あいにくのお天気でパラパラ雨が...しかし、少し街を外れただけで牧草地帯が開けてきました。同じウォーキングの人達がいるので、道に迷うことも無い...とは限りません!実際、2度ほど間違えて、皆で引き返しました(笑)
約40分ほどで第一休憩所に到着です。ここでは、地元で作られたサイダー(ノンアルコールの方には、ベリージュースが用意されていました)とブルーチーズソーセージロールが待っていました。これが、このウォーキングの名前の通り、ドリンク&フードウォーキングです!実は、私はチーズが苦手で特に香りの強いものはダメです。ところが、このパン、美味しいのです!臭みも程よくもっと食べたい〜と思えるほどでした。
ローカルフードを楽しむハイキング 〜 Ludlow 〜 イギリスワーキングホリデー
のどかな風景が広がります。
牛の間を歩きました。
このような感じで、歩いては休憩所でドリンクと軽食がもらえ、また歩くという感じです。合計で4箇所、休憩所があり先ほどの前菜から始まり、次にメインの牛肉のビール煮込みとビール、口直しにチーズの盛り合わせとお酒、デザートがパイとアイスクリームとエルダーフラワーのお酒、最後にフルーツリッカーでおしまいです。何もかもが美味しくいただけました。イギリスの料理はまずいと評判ではありますが、あるところにはある!というのが実感です。
ウォーキングが思った以上に大変でした。丘を登ったり、草むらを歩いたり...参加している方のほとんどが年配の方ばかりでしたが、大丈夫なのかなと心配したり。途中、柵を超えなければいけない所では、皆が手を貸しあったりして。でも、これを乗り越えられるのも、次ぎの休憩所が待ち遠しいからです。とても楽しく参加ができました。

ローカルフードを楽しむハイキング 〜 Ludlow 〜 イギリスワーキングホリデー
メインの牛肉ビール煮
エディンバラに戻ってきて感じたことは、この街は大きいですが、あの街よりも地元産の物を手に入れられる場所が少ないなと感じたことです。観光地なのでお土産としてのものは多くある物の...ほとんどが輸入物です。今、環境や健康を考え、地産地消と世界が動きつつあります。私自身も何かできることからしたいなと考えさせられた旅になりました。
2012年09月04日(火) written by アンナ☆マリア from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]