PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201308065109

初!ミリタリータトゥー! 〜 イギリスワーキングホリデー

初!ミリタリータトゥー! 〜 イギリスワーキングホリデー
クライマックスの全員参加行進
フェスティバルで賑わう季節になりました。街には、人、人、人でごった返しています。特に、街中を通るバスには注意が必要です。交通麻痺のため、通常より数十分と遅れる場合もあります。

さて、エディンバラ夏祭りの中でも一番の人気はやはり、ミリタリータトゥーではないでしょうか。お城の駐車場に今の時期だけ仮設で作られた観客席を見上げるたび、この時期がやってきたな〜と感じます。会場にいなくても、夜になれば花火の音や、軍の飛行機などお城の近くから見ることはできますが、やはり一度は経験ということで初タトゥー参加です。
毎年、参加団体が変わるようで、今年は海外、特にアジア勢が多かったです。韓国、モンゴル、メキシコ…と。ドラム中心の音楽で、ダンス、歌も披露されました。英国からはイングランドの衛兵、そしてスコットランドはキルト着用でバクバイプ。大勢での演奏は感動でした。

ここで、今回参加した経験から学んだことをお伝えいたします。まず、どんなに、夕方暑くても夜は必ず冷え込みます。風も強くなりますのでジャケットの着用をお奨めします。イスは、プラスチック席ですが、1ポンドでスポンジカバーを借りられます。そして、座席ですが、お城に向かっている席が正面となっていました。良い席をお探しであればそちらをお奨めします。それでは、みなさんもフェスティバルを楽しんでください。

2013年08月06日(火) written by アンナ☆マリア from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]