PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201609066091

友達作り・交流 〜 イギリスワーキングホリデー

 イギリスにいったら積極的にまわりと交流して、英語力をアップさせつつ、楽しい時間をすごしたいですね。私の場合は毎日用事があるくらいに充実させよう!と思っても、いざ来てみると、英語の壁からシャイになりがち、となると腰が重く、(さらにお金もなく)どんなところに行ったらいいのかわかりませんでした。せっかくなので色々なところに出向いて、積極的にお話しして、バックグラウンドの違う人と交流したり、気の合う友達をみつけられるといいですよね。あまり真新しくは無いかもしれませんが以下経験を交えつつ、気軽に開始・参加できるものを紹介します。

語学学校(外国人の友人)

 
まずは語学学校に通われる方も多いと思います。英語力が同じくらいの学生に会える場です。学校の用意してくれるアクティビティ等で仲良くなれる機会はたくさんありますが、ワーホリの学生に比べ、他の生徒さんは数週間から数ヶ月とわりとすぐ帰ってしまう方が多いかもしれません。(私が行っていた語学学校のクラスの、特にヨーロッパからの学生さん達は高校卒業後に短期で留学し、英語の試験を受けて帰国する方がとても多かったです)すぐ離れてしまうのは寂しいですが、後から彼らの国に遊びに行くなど、グローバルな友人関係が築けます。


ランゲージエクスチェンジ(母国語が英語・上級者の友人)

 
意外と日本語は人気なので、ランゲージイクスチェンジで学校とは別に英語の勉強をする手もあります。わくわくする傍ら、見知らぬ人に会う事になるかと思いますので、にぎやかな場所で会ったり、同性に限って募集したり、初回は友達に付き添ってもらうなど、用心に超したことはありません。(会ってみたらちょっと変な人で…など聞きます。)
個人的には、1対1でしっかり、かつ語学にフォーカスして話せる貴重な機会になりました。(真正面から、「その発音変!」と誰も指摘してくれなかった事を指摘してくれるなど…)
ケンブリッジですと、ケンブリッジ大学でマッチングをしてくれる機関があります。個人で募集するのはちょっと…という方はマッチングしてくれるところを探したり、友人に紹介をお願いしてみる手もあります。

参考)
The Language Centre:
http://www.langcen.cam.ac.uk/lc/index.html (ケンブリッジ)



コース/趣味/ミートアップ(共通の関心のある友人)

  
ワーホリにてやっと自分の時間が持て、趣味に没頭したい・新しく始めてみたいという方もいると思います。フェイスブックのコミュニティやイベントに参加して共通の関心がある人たちと交流してみるのもいいかもしれません。私は趣味がアートなので地域のアートグループやカフェのイベントに参加し、カレッジにて陶芸のコースをとりました。友人達は、コーラスグループに参加したり、ご年配の方中心の編み物グループに混じっておりとても楽しそうです。
趣味のお店を見つけたら、窓にペタペタ貼ってある張り紙にも注目してみてください。

参考)
アート:Urban sketchers
https://www.facebook.com/groups/318585898339169/ (複数都市で開催)
アート: Cafe hot numbers in Cambridge
http://hotnumberscoffee.co.uk/gigs/ (ケンブリッジ)
アプリ:
https://itunes.apple.com/us/app/meetup-groups-near-you-that/id375990038?mt=8
社会人向けコース開講カレッジの例:
http://www.hillsroad.ac.uk (Adult education でネット検索)


チャリティ/ボランティア(老若男女色々な友人)

 
普段交流のない人たちに会える場です。イギリスはチャリティがとても盛んなので、色々な活動に参加できます。イキイキしているパワフルな奥様おじさまに元気をもらえるかもしれません。
友人達はカフェ、フェスティバルのボランティア、大学の図書館、プロジェクトチームでの活動など、幅広く活動していました。インターネットでボランティアについて検索すると、たくさん紹介サイトが見つけられます。
私はチャリティショップでのボランティアをしていました。チャリティショップは町の一角によくあるようなお店で、最も参加しやすいボランティアの一つだと思います。学べる語彙、内容など幅広く、同僚と話をしながらリラックスしつつできる所がとても魅力的でした。お客さんもチャリティが前提であることをわかっているので、無理なクレームなどもあまりありません。参加時間・頻度によってささやかな額ですが交通費や食費の支給がありました。また長く続けるとマネージャーに(求職の際の)レファレンスを頼む事ができたりするところもあるようです。

参考)
Red Cross
http://www.redcross.org.uk/Get-involved/Our-shops/Donate-to-our-charity-shops


友達作り・交流 〜 イギリスワーキングホリデー
挨拶の仕方がそれぞれなので
いちいち戸惑うの図です。

 いかがでしたでしょうか。上記はケンブリッジからの情報ですが、他都市でも近いものがあると思いますので、気になるものがあったら滞在先都市名を加えて検索してみてください。特に趣味とボランティアは楽しいだけでなく、CV作成時のエッセンスとしてとても役立ちます。(例えば、趣味は人となり・社交性に触れられますし、ボランティアはそのまま仕事ぶり・背景の違う多様な人たちと交流した経験につなげられます。)

2016年09月06日(火) written by ころまる from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]