PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201802206321

おすすめ小魚ースメルト 〜 イギリスワーキングホリデー

おすすめ小魚ースメルト 〜 イギリスワーキングホリデー
見た目はワカサギのようなスメルト

 まだまだ冷え込む日が続いているブライトンです。こんな時期、私は(実際本当かどうかは別にして)毋がしばしば「天気の悪い日が続く時は、良い魚が店頭に並ばない」と言っていたこともあり、なんとなく魚屋さんを避けてしまっています。ですが、そんな日の合間にも晴れる時がもちろんあり、先日もそのタイミングで魚屋さんへ行ってきました。
生憎狙っていたサーモンは、懇意にしている魚屋のおじさんも「I am afraid but no SASHIMI quality!」と言うことだったので、サーモンは蒸し焼きメニューに変更し、そのかわり他の鮮魚をチェック。その時にみつけたのが、今回のタイトルにもあるスメルトと言う魚です。

 綴りはSmeltで、見た目はワカサギのようです。日本では北海道の方で獲れるキュウリウオとして知られ、この名の由来はそのままで、キュウリのような匂いがすることだそうです。(英語名の由来はよくわからなかったのですが、smelt(匂い)という名の通り、何かしら匂いに関係することは察することができます)

 購入したスメルトは200グラム。金額で1ポンド50ほど!参考にしたサイトによると、30センチくらいまで成長するらしいのですが、私が購入したものは手のひら、8センチほどで、インターネット上に挙がってくる銀色の表面ではなくて、色素の薄いものでした。家に帰って、早速洗い、しっかり水気を拭いてから塩コショウ。ちょっと英名スメルトから臭うのでは・・・と気になったので、カレー粉を少し混ぜました。小さいので揚がるのはあっという間!出来立てを家族でどんどん食べていきました。お味は臭みもなく美味!1年中出回っている魚らしいので、魚屋にある日には購入して帰るのが定番になりそうです。

 ちなみにイギリスではこちらはあまり「商用」として扱われてないようですが、ドイツやロシアの地域によっては、フライトして定番化しているみたいです。 以前は他の小魚ースプラットと言う魚についても記事を書いたことがありますが、安くて料理の簡単(私が揚げものしかしてないだけですが…)な魚を知っておくとメニューを考える時にも便利です。ぜひみなさんも一度試してみてください!



参照サイト British Sea Fishing.co.uk
http://britishseafishing.co.uk/smelt/




2018年02月20日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]