PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201806126367

Volk's Electric Railwayーブライトン 〜 イギリスワーキングホリデー

Volk's Electric Railwayーブライトン 〜 イギリスワーキングホリデー
レトロな雰囲気

 毎日とはいきませんが、やっと夏らしい日が出てくるようになったブライトン。暑い日にはi360(前回記事『ブライトンーi360(新名所)体験! 』)のたもとにあるプレイエリアの屋外プール(子供用)も、にぎわうようになりました。

ブライトンの海岸沿いには子供が遊べるエリアがあるのですが、i360とは反対方向ー、もう少し詳しく言うと、ブライトン・ピアからさらに10〜15分歩いていくと、ビーチバレーができるYellow Waveと呼ばれる場所(カフェもあり)、その横にはPeter pan's playgroundと呼ばれる公園もあります。こちらの公園はあまり大きくはありませんが、数か所ある穴の開いた地面から水が出る仕組みになっているので、ちょっとした水遊びができます。


Volk's Electric Railwayーブライトン 〜 イギリスワーキングホリデー
天気次第で運行が変わります!

 さて、ここでタイトルのVolk's Electric Railwayの紹介です!こちらの電気で走る電車が、ブライトン・ピアから数分歩いたところにある駅から、こちらのPeter Pan's Playground付近までをつないでいます。マグヌス・ヴォルクと言う人物によって短距離で1883年に運航され、発展、人気を博していきます。しかし第二次世界大戦の頃、1940年に運航を止めざるを得ない状況におかれ、終戦後の1948年、再運行されるようになりました。

 現在ではイースター(3,4月くらい)から10月末まで運行。朝は10時半から夕方17時15分(週末は18時15分)まで走っています。大人片道3.70ポンド(往復4.80ポンド)で、ブライトン・マリーナの最寄り駅まで乗らずとも、halfway駅(こちらは前述の公園の最寄り駅)で降りることももちろんできます。


 乗車時間はおそらくそれほど長くはなく、景色もものすごく風情があるとは言えないかもしれませんが、世界で一番長く運行している電気鉄道と言うことらしいので、旅の話のネタとしてはよいかもしれません。私も子供を連れて、一度は乗ってみたいと思います。



Volk's Electric Railway (公式ページ:英語)
http://volkselectricrailway.co.uk/


Volk's Electric Railway - Times & Fares(料金)
http://volksrailway.org.uk/visit/times-prices/



2018年06月12日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]