PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201801236314

新たなグラフィティーブライトン 〜 イギリスワーキングホリデー

新たなグラフィティーブライトン 〜 イギリスワーキングホリデー
Cosmo Sarsonによる
Angel of Brighton

 ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが 、ブライトンはグラフィティと呼ばれる、壁に書かれたアートを楽しめる街として知られています。つい最近、有名なグラフィティアーティストが描いた新作がブライトンにお目見えしたというので、見てきました!
 絵のタイトルは"Angel of Brighton"(ブライトンの天使)です。アーティストはCosmo Sarson(コスモ サースン)と言う人で、友人の話すところによると、グラフィティの世界ではとても有名なバンクシーと同列に名前があがるような人なのだとか。


 彼がその名を世界に知られるようになったきっかけは、グラフィティの町、ブリストルで描いた大きな"ブレイクダンスを踊るキリスト"。インターネットで検索すると出てくるのですが、奇想天外な発想なのに宗教画のような荘厳さがあり、とても魅力的です。実際こちらの絵に関しては、ローマ法王の前でブレークダンスを披露した若者の記事がアイデアの元にあり、さらに、昔の宗教画に倣い、ふんだんに金が使用されたため、荘厳さも表現されたのでしょう!

新たなグラフィティーブライトン 〜 イギリスワーキングホリデー
金色に輝く天使

 さて、ブライトンの天使ですが、こちらのペイントにも金が使用されているので、私が見た時はちょうど光の反射があり、とても綺麗でした!3階建てのビルに書かれた壁画は迫力があります。
壁画はブライトン駅から徒歩5分もすれば着く名所、ノースレーンエリアにあるRegent streetで見ることができます。

 最近はあまり芸術として魅力のあるグラフィティがなく、むしろ本当のグラフィティ(日本語で落書き)が増えたと感じていたので、これを機に、もっと芸術性の高いグラフィティが増えたらと、期待したいところです。

ブライトンにお越しの際は、ぜひ見に行ってみてください!



2018年01月23日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]