PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201408015551

ブレナム宮殿 〜 イギリスワーキングホリデー

ブレナム宮殿 〜 イギリスワーキングホリデー
歴史の詰まった広大な宮殿
 オックスフォード近郊にある世界遺産のブレナム宮殿に行ってきました。ブレナム宮殿は、現存する英国最大級の宮殿で現在もマールバラ公爵が住んでいることでも知られています。18世紀に初代マールバラ公爵のジョン・チャーチルがスペイン継承戦争の功績を讃えられて、当時の女王アンから贈られたのが、このバロック様式の建築が美しいブレナム宮殿です。ブレナムという名前は、スペイン継承戦争の戦地であったドイツのブレンハイムから取られたと言われています。
ジョン・チャーチルは、名前からもお察しできるかもしれませんが、第2次世界大戦時に英国の首相を務めたウィンストン・チャーチル、また故ダイアナ・スペンサー元妃の先祖でもあります。荘厳な建築と歴史ある調度品の数々が貯蔵・展示された宮殿内だけでなく、見るだけで惚れ惚れするような広大な庭園も見逃せません。元首相のウィンストン・チャーチルは、1874年にブレナム宮殿で生まれました。首相と言えど、こんなに大きな宮殿を持つ貴族の家の生まれだというのは驚きですね。宮殿内には、チャーチル元首相の子どもの頃の髪の毛や、ベッドなどの遺品も数多く残されており、当時の生活を垣間みることができます。

注目は、ウィンストン・チャーチルの従兄弟で第9代マールバラ公爵のチャールズ・スペンサー=チャーチルと結婚したアメリカの富豪の娘、コンスエロ・ヴァンダービルトの絵画です。画家のジョン・サージェントによって描かれた家族の肖像画とコンスエロの肖像画が同宮殿の目立つところに掲げられています。政略結婚により愛のない結婚をしたチャールズとコンスエロでしたが、ヴァンダービルト家から莫大な持参金がもたらされたことによって、皮肉にもブレナム宮殿は再び繁栄するのでした。

2014年08月01日(金) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]