PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201303294934

帰国時のtax refundについて 〜 イギリスワーキングホリデー

帰国時のtax refundについて 〜 イギリスワーキングホリデー
P45とP85。イギリスの税金
手続きの年の区切りは、
4月6日〜翌年4月5日。
 帰国の準備と聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか? 荷造り、帰国に関する事務手続き、飛行機の予約、お土産選び……挙げたらきりがないですね。出国のときと同じくらい慌ただしいものです。今回は帰国時に行うことのひとつ、tax refundについてお話したいと思います。
 tax refundまたはtax return。日本でいう還付申告のようなものでしょうか。給与から源泉徴収された税金の一部が戻ってくる仕組みとなっています。
 イギリスで仕事を始めると、National Insurance number(NIナンバー)を取得するのが義務となっています(※NIナンバーの記事についてはこちらから→『イギリスで仕事を見つけたら』)。毎月、給与からその所得に応じた額の税金が天引きされますが、そのときにNIナンバーが必要なのですね。
 仕事を辞めて帰国するとなったとき、会社や雇用主からP45という書類を受け取ります(この書類の発行にかかる期間はそれぞれ会社や雇用主によって違うようです)。tax refundするにはこの他にP85 という書類が必要で、これはtax refund等を管轄しているHM Revenue&Customsのホームページからダウンロードできます。また、最寄りのHM Revenue&Customsの事務所で直接もらうこともできます。
 P85に必要事項を記入し、P45を同封して所定の事務所に郵送します。その後、6週間〜8週間ほどで口座に入金される仕組みとなっています。還付金の受け取り方は本人口座振込以外にもあり、「イギリスにいる代理人の口座に入金」か「小切手送付」です。
 最新情報はHM Revenue&Customsのサイトでチェックできるとともに、事務所に行って直接きくこともできます。

◆HM Revenue&CustomsのURLはこちらから:
http://www.hmrc.gov.uk/

◆P85 のダウンロードはこちらから:
http://search2.hmrc.gov.uk/kb5/hmrc/forms/view.page?record=5Ay4eloD0nw&formId=766

◆最寄りのHM Revenue&Customsの事務所検索はこちらから:
http://www.hmrc.gov.uk/enq/index.htm
2013年03月29日(金) written by maho from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]