PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201704256203

ひと味違うイギリスのピクニック 〜 イギリスワーキングホリデー

ひと味違うイギリスのピクニック 〜 イギリスワーキングホリデー
近所のデリでテイクアウトのピクニック

 日本では桜の満開の季節にお花見が盛んに行われると思いますが、イギリスでは暖かくなるとピクニックをする習慣があります。ピクニックと聞くと、ちょっと子どもっぽく聞こえるかもしれませんが、こちらでは、もちろん子どもから、年配の方までピクニックを楽しむことができるんです。
 遠足ついでに、ゴザを敷いて手作りのお弁当を食べて…、というピクニックはもちろんですが、イギリスでは、むしろシャンパン片手にお天気を楽しむ「大人のピクニック」が盛んです。

 日本でも人気のある紅茶専門店「フォートナム&メイスン」や大型スーパーの「マークス&スペンサー」がオリジナルのピクニックバスケットを販売しています。ピクニックバスケットには、紙皿ではなく、陶器のお皿やステンレスのカテラリー、ワイングラスがセットになって入っています。運ぶとかなりの重量になりますが、(そして、ピクニック後の洗い物が気になるところですが)キレイな公園や庭園、川辺で楽しむ優雅なイギリス風ピクニックは、間違いなくピクニックのイメージを変えてくれるはずです。

 ピクニックマット(ゴザ)も、日本ではジュースや食べ物をこぼして汚してしまっても、簡単に拭き取ることができる「レジャーシート」が一般的ですが、イギリスでは毛布のような布地が使われることが多いです。

 なかでも一番ポッシュ(優雅)なピクニックといえば、毎年イギリス南部のお邸で開催されるオペラ祭「グラインドボーン・フェスティバル」でのガーデンピクニックが有名です。ブラックタイやフォーマルなドレスで着飾った来場者たちが、インターバルの間に、お邸のガーデンで思い思いのピクニックを楽しむのです。ドレス姿の紳士淑女たちが、お庭の芝生の上に座る姿は圧巻。みな、思い思いのピクニックバスケットを広げて、つかのまのひとときを楽しんでいます。


 イギリスはお天気の変動が激しく、1年を通して寒い日も多いので、天気がよくなるだけで、イギリス人は「ピクニック」という一大イベントを楽しめるのでしょう。ちょっと羨ましいですね。


2017年04月25日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]