PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201402045355

マドリッドでタパスな週末 〜 イギリスワーキングホリデー

マドリッドでタパスな週末 〜 イギリスワーキングホリデー
マヨール広場裏のサンミゲル市場
年末年始に日本へ帰国したばかりだったのですが、先週末マドリッドへ行ってきました。スペインというと日本からは直行便もないし、遠い異国のイメージがありますがロンドンからだとフライトはたったの2時間。あっという間にマドリッドのバラハス空港に到着です。普段、わたしはヨーロッパ内の小旅行をするときはライアンエアーやイージージェットをまじチェックするのですが、マドリッドは、噂によるとヒースロー・バラハス間のフライト数がヨーロッパ1多い路線らしいので、BAやイベリア(コードシェア便含)でも安いチケットが見つかるうえに、LCCじゃないので、荷物のチェックインもタダ。なので手荷物では持って帰れないおいしいワインやカヴぁも持って帰れます。
マドリッドでタパスな週末 〜 イギリスワーキングホリデー
タラのタパス
日本人からしたらスペイン旅行、と言えばバルセロナかと思うのですが、週末にちょこっと行くならマドリッドもかなりおススメです。まず、ロンドンからならバラハスまでのフライトが安いし、バラハスから市内へでるのもとても簡単です。地下鉄で20分以内で市内中心部のNuevos Ministeriosに着くし、その他に鉄道も走っているし(こっちのが若干安い)、タクシーに乗ったとしても、市内まではフラットレートで€25とかで行けます。景気も悪く、ロンドンに比べたら治安が悪いので荷物には最新の注意を払っていなければいけませんが、それ以外は街もコンパクトなのでバスや電車や徒歩で色々回るのにもとても便利です。
さらに、言わずもがなスペインは美食の国なので、何を食べてもとてもおいしー!特に国民食のハモン(生ハム)などに代表される、タパス系はとてもおいしいです。これに、小さいコップに入った赤ワインがあれば完璧。少し意外かもしれませんが、スペインではわたしが思っていたよりもよくビールが飲まれているようで、カニャと呼ばれるハーフパイント、もしくはそれよりも小さいスリートというコップに入ったビールを片手においしいタパス巡り(というか、カニャを頼むとタダでピンチョス-楊枝にささったおつまみ-も付いてくる)も楽しいです。マドリッドは内陸部なのですが、バカラオという塩漬けにしたタラのタパスがとてもおいしかったです。

また、景気が悪いだけあってレストランやバーのお会計も安く、また今の時期はセカンドセール中なので、激安のかわいい洋服を沢山買って帰ってきました。スペインブランドのファストファッションはZaraやMangoが有名ですが、それ以外にも結構安くてかわいいお店もあるし、イギリスには入ってきていない大陸系のブランドも沢山売っています。そして、最後はいつも同じエルコルテイングレス(イギリスで言うジョンルイス)の地下のスーパーでお菓子をどっさり。大満足の週末です。

マドリッドはあまり観光名所もないし、バルセロナの様に風光明媚でもありませんが、おいしいものが沢山、お買いものも楽しくて、ロンドンからもすぐ行けるので、とてもおススメのシティーブレイクです。
2014年02月04日(火) written by Ayako from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]