PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201707256242

変わるイギリスのお金 〜 イギリスワーキングホリデー

変わるイギリスのお金 〜 イギリスワーキングホリデー
ウォータープルーフの丈夫な新紙幣
「The Sun」紙より

 先日買い物に行き、5ポンド紙幣で支払おうとしたら、「そのお金は使えないよ。銀行に行って取り替えてもらってね」と言われました。新しい5ポンド紙幣が流通し始めていることは知っていましたが、旧札はすでに使えなくなったようです。たいていの買い物をデビットカードで済ませているため、うっかりしていました。

 新5ポンド紙幣は様々なメリットがあるようです。まず、旧紙幣より15%小さいため、資源の節約に繋がること。また、プラスチックの成分を混ぜることで、紙のお札よりも清潔で、2.5倍長持ちするようです。2017年9月には10ポンド札、2020年には20ポンド札が新しくなる予定です(現在のところ50ポンド札は変更の予定はなし)。新しい紙幣の裏表紙のデザインは、5ポンド札は元首相のチャーチル、10ポンド札は女性作家のジェーン・オースティン、20ポンド札は画家のJ.M.W・ターナーとなっています。

 新しい1ポンドコインも2017年3月から流通しています。新コインは12角形で、現行の1ポンドコインよりも薄く軽くなるものの、直径は大きくなります。現行の1ポンドコインは2017年10月15日で使えなくなるので、旅行の際には注意してくださいね。

 今回の紙幣やコインの大きな変更の背景には、お金の「偽造防止」が背景にあるようです。特に1ポンドコインの偽コインについては、以前から問題となっていました。流通している1ポインドコインの約2.5%が偽物だとされています。1ポインドコインが変更になると、コインロッカーやショッピングカート、自動販売機などの仕様の変更も必要になってきます。各業界に相当な負担が出ることは避けられなさそうですが、必須の変更と言えそうですね。



2017年07月25日(火) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]