PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201402215374

イギリスで日本の魚を楽しむ 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスで日本の魚を楽しむ 〜 イギリスワーキングホリデー
今回はしめ鯖とサケの粕漬けを注文してみました
イギリスに暮らしてもうすぐ7年になろうとしていますが、自宅で和食を作って食べるのは月に数回ほど。普段はそれほど和食が恋しくなることはないのですが、日本の魚介類だけは特別で、恋しくなることがあります。
私は週に2日程度は魚を食べているので、サケ、マス、タラ、サバなどは和食、洋食にかかわらずよく買っているのですが、やはりイギリスでは日本に比べて圧倒的に手に入る魚の種類が少ないので、いくら調理方法を変えても同じような魚の繰り返しで、物足りない感じはしていました。

そこで、友人たちと通販を利用して、魚の共同購入を始めることにしました。オランダにある「北海水産」という会社を利用させてもらっています。それ以来、いろいろな種類の魚を食べられるようになり、食卓が充実しています。

北海水産で取り扱っている魚は、お刺身のほか、タラの西京漬け、ホッケの開き、サケの粕漬け、アジの開き、ししゃも、サバのみりん干しなど、イギリスではまず手に入らない日本の味ばかり。また、お正月には数の子、新巻鮭などの季節ものの販売もあったりします。かまぼこ、ちくわ、エビのシュウマイ、おでんセットなど、加工食品も充実していて、お弁当のおかずとしても大活躍しています。

初めて利用する場合は、下記の北海水産のサイトから個人情報を登録する必要があります。毎月、注文用紙が北海水産から届き、毎月決められた日までに注文を済ませると、たいていその月の月末までに配達されます(注文は毎月しなくても可)。

ヨーロッパの主要各国にお住まいの方は、ぜひ一度利用してみる価値アリです。ただ、ミニマムオーダー(最低注文額)を満たす必要があるので、単身の方や1世帯だけでは注文が難しいため、ご近所やお友達との共同購入を検討されるのもいいかもしれません。

関連サイト
北海水産<http://www.hokkai.com
2014年02月21日(金) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]