PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201209044613

フードチャンネルとおススメ番組 〜 イギリスワーキングホリデー

フードチャンネルとおススメ番組 〜 イギリスワーキングホリデー
Nigella
わたしは、外国のテレビ番組ではダントツに料理番組が大好きです。日本でやっている料理番組とは全然違うことが多いのですが、作るものがおいしそう、とか自分で作ってみたい!という以上にキッチンの様子や作ってる人が本当に自分でも今すぐ食べたそうな勢いで作ってる雰囲気がよくて、テレビで何も見るものがないときは自然とFood Channelに行ってしまいます。料理番組は英語初心者にもおススメ。なぜかというと、作ってる人が料理の手順や材料を説明しながら作るのですが、基本とてもわかりやすくゆっくりめに話しています。
映画やドラマだと早くて分からないこともあるかもしれませんが、料理番組だったらかなり分かりやすいと思います。もう一つ、わたしがおススする点は、イギリスやアメリカの料理番組は悪く言えば雑、良く言えば現実的な方法で料理をします。よく日本の料理番組を見ていると作る人がとっても丁寧にキレイに作っていますが、実際にお家で料理をするときもあんなに時間かけてキレイな料理をする視聴者はいるのかな?と思って見ていました。1日仕事をして疲れて帰って来てから、グラム単位でキレイに測った材料で丁寧に夜ご飯。。はありえないと思います。その点、こちらの料理番組は、一応材料のグラムや量も言っているのですが、けっこうじゃんじゃん作って行っているように見えます。なので、こーいうふうにやってもあんなにおいしそうな料理ができるなら明日作ろうかな、と思ってしまいます。色々ある料理番組の中でも私のおススメの番組を紹介します。
Nigella’s Kitchen/Nigella Express:前にもちょっと紹介したナイジェラの料理番組。彼女の料理番組を見てないなんて人生を損してる。。と思うくらいおいしそうで、しかも簡単なレシピのオンパレードです。ナイジェラの自宅のキッチンがとてもかわいくて、オシャレなので、ああいうキッチンだったら一日中料理しててもいいよなーと思ってしまいます。ところどころで入ってくる彼女のパーソナル情報もなかなか興味をそそられます。ナイジェラの子供たちとお父さんに振る舞うスピードディナーの回で出てきたナイジェラのお父さん、実はイギリス政治界の超有名人。もう大分よぼよぼのおじいちゃんなのですが、現役時代はサッチャー首相の財務大臣を務めていた人です。わたしがこの番組を見てからよくやるようになったのが、オーブンを使った料理とパスタをゆでる時に一緒に小さく切ったイモをゆでるレシピです。この番組は終わりのシーンで夜中の冷蔵庫の場面になり、ガウン姿のナイジェラが残り物のつまみ食いをする、お決まりのシーンで、つまみ食いなのに結構がっつり食べているのが、かわいいおススメ番組です。

フードチャンネルとおススメ番組 〜 イギリスワーキングホリデー
Jenny Morris
Jenny Morris Cooks Morocco:ケープタウン出身のおばちゃん、ジェニーがモロッコを旅しながらモロッコ料理を豪快に作っていきます。いかにも元気のよいアフリカーンスの南ア人おばちゃん、ジェニーの作るモロッコ料理はどれもおいしそう。。でも毎回材料が30〜50種類もあるので(スパイスとか入れると)絶対に再現不可能なレシピのオンパレード。これ、マネする人いるのかな?と思うけれど、わたしはこの番組はどちらかというと旅番組としてみているので、とってもおもしろいです。
フードチャンネルとおススメ番組 〜 イギリスワーキングホリデー
Ina Garten
Barefoot Contessa:Ina Gartenプレゼンツのこの料理番組はアメリカのフードチャンネルでとても人気の番組です。NY市に住むお金持ちが別荘を構えるハンプトンにある彼女の豪邸を舞台にアメリカらしいカロリー高めのレシピのオンパレード。パスタを作るのに、オリーブオイル、1/2カップ。。などとんでもない量のオイル、バター、お砂糖を使うのですが、どれもとってもおいしそう。この番組は普通のBarefoot ContessaとBasicが放送されており、Basicではだれにでもできそうな簡単なレシピをたくさん紹介しています。ハイカロリー料理が見事に反映された体系のInaなのですが、彼女のしゃべり方がとっても癒し系で見ているとおなかがすくし、ぼんやりできるので、ウィークデーの仕事後、夕方7時から毎日放送しています。
2012年09月04日(火) written by Ayako from (イギリス)
Comment(0)


イギリス関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]