PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201805156358

ダブリンでは最近ドーナツが流行っている! 〜 アイルランドワーキングホリデー

ダブリンでは最近ドーナツが流行っている! 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ダブリンではドーナツがはやっている!

 皆さんこんにちは。日本でもアイルランドでも過ごしやすい季節がやってきましたね。
今回は、アイルランドの食文化についてお伝えしたいと思います。といっても、今回のテーマはスイーツ!

ダブリンのレストランや、コーヒーショップは近年の賃貸の値上がりが影響しているのか、売り上げが影響しているのか、お店がコロコロ変わることが多いです。


2018年05月15日(火) written by Milly from (アイルランド)
Comment(0)


201805156357

ドイツの国民的典型的おかし 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツの国民的典型的おかし 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
スーパーのハリボグミコーナー

 大人も子供の大好きなやっぱりハリボから色々考えてみました。
ドイツらしいお菓子の一つというと、ハリボグミでしょうか。子供も大人も大好きな人が多く、嫌いだという人はあまり聞いたことがないくらい、誰もが好きな国民的お菓子だと思います。
最近では日本でも色々な種類のハリボグミが発売されており、あまり珍しくなくなり、ドイツからのお土産としても使えなくなってきたのが現状です。

2018年05月15日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


201805156356

Emergency Preparedness Week(緊急準備週間) 〜 カナダワーキングホリデー

 5月半ばになり、カナダは初夏にも関わらず早くも「夏真っ盛り!」な気温に達しています。昨日など、車の外気温計が「34度」を表示していました。夏はまだ始まったばかりなのに、この先、どこまで気温が上昇するのでしょうか・・・。

2018年05月15日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


201805156355

はしかの予防接種 〜 イギリスワーキングホリデー

 日本では、沖縄県ではしかへ感染した人が見つかって以来、名古屋、福岡、そして東京都の町田市でも感染した人が出たと言うニュースがありました。

この夏日本へ数か月帰国しようと考えていた私。ニュースで「20代から40代にははしかの予防接種が1回だけの空白世代がある」と読んで不安になりました。普段の生活はもちろんですが、旅行中の移動では(特に)疲労から風邪をひろったり、その他のウイルスをひろう可能性だってあるのです!

私はまさに1回接種の空白世代に該当するので、近くにあるトラベルクリニックにて予防接種を受けてきました!

2018年05月15日(火) written by Muchiko from (イギリス)
Comment(0)


201805016354

観光名所、クライストチャーチ空港 〜 ニュージーランドワーキングホリデー

観光名所、クライストチャーチ空港 〜 ニュージーランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ファーマーズマーケット
(Christchurch Airport websiteより)

 夏が終わり、秋の到来と同時に冬の気配を感じるようになったここクライストチャーチ。気温も朝晩は10度を切る日も出てきました。この間まで、とてもいい天気が多く最高の夏だったので、その差を感じ、気持ちがダウンしがちな日々が続きます。。。



2018年05月01日(火) written by lovey from (ニュージーランド)
Comment(0)


201805016353

自動運転技術がイギリス経済を救う? 〜 イギリスワーキングホリデー

自動運転技術がイギリス経済を救う? 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ミルトンキーンズにお目見えした
「self-driving pod」(現地の新聞より)

 AIやIoTという言葉が登場して久しくなりましたが、イギリスでは最近、自動運転技術に関するニュースが話題となっています。
自動運転車の中でも、最も早く普及すると言われているのが、「Self-driving pod」です。自動車というよりも、小型のトラムに近いコロンとした形をしていますが、すでにロンドンのグリニッジで一般市民を対象とする試乗が始まっており、近い将来、ガトウィック空港などでもスタッフの移動手段として使われる予定です。

2018年05月01日(火) written by Miyo from (イギリス)
Comment(0)


201805016352

『カフェ』事情。アイリッシュお気に入りのコーヒーは? 〜 アイルランドワーキングホリデー

『カフェ』事情。アイリッシュお気に入りのコーヒーは? 〜 アイルランドワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
カフェタイム!カプチーノと
スコーンでのんびり。

 今やすっかり市民権を得た、アイルランドのカフェ。10年ぐらい前から雨後の筍のごとく、たくさんのカフェがオープンしたように記憶していますが、それまではカフェはほとんどなく、ダブリンで有名なビューリーズ(Bewley's Café)や、全国展開のサンドイッチバー、オブライエンズ(O'Briens)、そして雑貨が可愛いアヴォカ(Avoca)のカフェなど数えるほどだったような気がします。
 ちょっとお茶しようかな、と言う時はよくパブに行ったりしていたのですが、今やこんなにオシャレなカフェが増えているので、バリスタがいるわけでもない、そして美味しいケーキやスコーンなどもあまりないパブでは、今ではちょっぴり役不足なのかもしれません。

2018年05月01日(火) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


201804246351

イギリスで化粧品を買う 〜 イギリスワーキングホリデー

イギリスで化粧品を買う 〜 イギリスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
フレンチコスメも大人気

 海外に在住していると、日本で使っていた化粧品が手に入らないこともあります。お気に入りの化粧品が使えず、困って日本の家族に郵送してもらう…なんてことも引っ越して来たばかりの頃は良くありました。ただ、必ずしも定期的に家族に頼むことができるか分からないし、また郵送料もばかになりません。そういう時は、思い切って、イギリスで手にはいる化粧品を使ってみてはいかがでしょうか。

2018年04月24日(火) written by あっこ from (イギリス)
Comment(0)


201804246350

ドイツとは思えないザクセンスイス 〜 ドイツワーキングホリデー

 ドレスデンから東へ50km、チェコとの国境近くにザクセンスイスと呼ばれる国立公園があります。
エルベ川沿いに、長年の浸食作用を経て創り出された断崖絶壁の風景は、一見中国を思わせるような切り立った岩山が連なり、晴天の日はもちろんのこと、霧がかった風景も神秘的な雰囲気を醸し出し、とてもドイツとはイメージの異なる地でした。

2018年04月24日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


201804246349

どこまで進むか、マクロン改革! 〜 フランスワーキングホリデー

どこまで進むか、マクロン改革! 〜 フランスワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ストの予定日。
こんなにあるなんてびっくりです。

 マクロン大統領が推し進める労働改革への抗議を目的とし、4月から3ヶ月間にわたってフランスの国鉄(SNCF)がストライキを決行すると発表しました。これに加え、エールフランスもストライキを行っているため、旅行、出張を予定している人たちの足には、鉄道、フライトの遅延やキャンセルといった影響が出ています。

2018年04月24日(火) written by Paris Eyez from (フランス)
Comment(0)


201804246348

世界最大のデザイン見本市 〜 イタリア文化

世界最大のデザイン見本市 〜 イタリア文化 1 ワーキングホリデー通信
チューリップの花も鮮やかなデザインの1つ。

 4月に入り、それまではなんて長い冬だろうとウンザリしていたのが、燦々と太陽が輝く日が一気にやってきて、ぐんぐん気温が上がり、ジェラート屋の前には早速長蛇の列が。そしてこの時期、ミラノの街全体がお祭り騒ぎのようになる、サローネ・デル・モービレ(デザイン家具の見本市)が1週間開催されます。



2018年04月24日(火) written by Maliarda from (イタリア)
Comment(0)


201804176347

ベルリンからちょっと行ける隣の国 プラハ編 〜 ドイツワーキングホリデー

ベルリンからちょっと行ける隣の国 プラハ編 〜 ドイツワーキングホリデー 1 ワーキングホリデー通信
ユネスコ世界遺産指定のプラハ城

 ワーホリ滞在中に、ヨーロッパ内の他の国も訪れてみたいと思われている方も多いかと思います。ヨーロッパは陸続きなので、文化や言語はまったく違うのですが、お隣の国同士はこんなにも近いのだということに驚かされます。
まず今回はベルリンからちょっと行ける、お隣の国・第一弾ということで、ベルリンから350キロ南のチェコスロバキアの中世のまち・プラハへの旅行をおすすめします。350キロというと日本であれば、東京から名古屋、または東京から仙台間くらいの距離であり、言葉も文化もまったく違います。

2018年04月17日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


[ PR ]