PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201806196373

バッハ生誕の地アイゼナハ 〜 ドイツワーキングホリデー

バッハ生誕の地アイゼナハ 〜 ドイツワーキングホリデー
ヴァルトブルク城

 フランクフルトから車で北東へ2時間弱、ライプツィヒとの中間地点に位置するアイゼナハは、音楽家J.S.バッハが生まれた地として、また宗教改革の中心人物でもあるマルティン・ルターが学んだ地として名を馳せ、観光名所の目玉でもあるヴァルトブルク城はユネスコの世界遺産にも登録されています。



2018年06月19日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


201806126368

ドイツ人の週末の楽しみかた 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツ人の週末の楽しみかた 〜 ドイツワーキングホリデー
100年以上の古い農家の家を改築。

 今年の5月から現在にかけては、とても暑いお天気の良い日が続いており、ここのところ私たちも車で毎週週末、郊外に出かけています。
週末はドイツ人の友人のブランデンブルクの別荘に滞在しました。そのお友達はベルリンでのご近所さん友達でもあるのですが、この友人夫婦、週末以外はベルリン中心部に住み月から金曜日まで通勤し、毎週末はこのブランデンブルクの別荘で生活しています。


2018年06月12日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


201805296364

ドイツで農場見学 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツで農場見学 〜 ドイツワーキングホリデー
大きな牛たち

 ドイツには牧場( Bauernhof)がたくさんあります。農場で過ごす休暇も子連れにはポピュラーだそうです。先日、ドイツの牧場見学に行ってきました。観光客向けに整備されたジンギスカンレストランや羊の毛刈りショーなどがある、日本の華やかで商業的な傾向のある観光牧場とは異なり、こちらで見たのはかなり地味で観光というよりもっと日常的な農場の姿でした。

2018年05月29日(火) written by モチヅキカズミ from (ドイツ)
Comment(0)


201805226361

文豪と作曲家の街ヴァイマール 〜 ドイツワーキングホリデー

文豪と作曲家の街ヴァイマール 〜 ドイツワーキングホリデー
ゲーテとシラー像

 ドイツ中部ヴァイマールは、大文豪ゲーテや、「歓喜の歌」の詩人としても知られるシラー、また作曲家としても名高いF.リストのゆかりの地としても有名であり、こじんまりとしていながらもその歴史や文化を体感しに世界各地から観光客が訪れます。
街中を散策しているとシラーの家やゲーテの庭園、博物館など、実に多くの文化的遺産に巡り会うことができます。
ゲーテとシラーの銅像付近では多くの観光客がカメラにそれをおさめている姿が見られます。


2018年05月22日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


201805156357

ドイツの国民的典型的おかし 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツの国民的典型的おかし 〜 ドイツワーキングホリデー
スーパーのハリボグミコーナー

 大人も子供の大好きなやっぱりハリボから色々考えてみました。
ドイツらしいお菓子の一つというと、ハリボグミでしょうか。子供も大人も大好きな人が多く、嫌いだという人はあまり聞いたことがないくらい、誰もが好きな国民的お菓子だと思います。
最近では日本でも色々な種類のハリボグミが発売されており、あまり珍しくなくなり、ドイツからのお土産としても使えなくなってきたのが現状です。

2018年05月15日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


201804246350

ドイツとは思えないザクセンスイス 〜 ドイツワーキングホリデー

 ドレスデンから東へ50km、チェコとの国境近くにザクセンスイスと呼ばれる国立公園があります。
エルベ川沿いに、長年の浸食作用を経て創り出された断崖絶壁の風景は、一見中国を思わせるような切り立った岩山が連なり、晴天の日はもちろんのこと、霧がかった風景も神秘的な雰囲気を醸し出し、とてもドイツとはイメージの異なる地でした。

2018年04月24日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


201804176347

ベルリンからちょっと行ける隣の国 プラハ編 〜 ドイツワーキングホリデー

ベルリンからちょっと行ける隣の国 プラハ編 〜 ドイツワーキングホリデー
ユネスコ世界遺産指定のプラハ城

 ワーホリ滞在中に、ヨーロッパ内の他の国も訪れてみたいと思われている方も多いかと思います。ヨーロッパは陸続きなので、文化や言語はまったく違うのですが、お隣の国同士はこんなにも近いのだということに驚かされます。
まず今回はベルリンからちょっと行ける、お隣の国・第一弾ということで、ベルリンから350キロ南のチェコスロバキアの中世のまち・プラハへの旅行をおすすめします。350キロというと日本であれば、東京から名古屋、または東京から仙台間くらいの距離であり、言葉も文化もまったく違います。

2018年04月17日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


201804036342

イースター休暇 2018 〜 ドイツワーキングホリデー

イースター休暇 2018 〜 ドイツワーキングホリデー
軒先の可愛らしい卵の飾り付け

 日本では花見シーズン真っ盛りの週末、ドイツではイースター休暇でした。イースター(ドイツ語ではOstern)とは日本語に訳すと復活祭。
イエス・キリストが金曜日に十字架にかけられて処刑され、その3日後の復活されたと言われています。その復活をお祝いするお祭りです。

2018年04月03日(火) written by モチヅキカズミ from (ドイツ)
Comment(0)


201803276338

バッハゆかりの地 ライプツィヒ 〜 ドイツワーキングホリデー

バッハゆかりの地 ライプツィヒ 〜 ドイツワーキングホリデー
聖トーマス教会

 クラシック音楽史上、現代への礎ともなる重要で欠かすことのできない偉大な作曲家J.S.Bachヨハン セバスティアン バッハ(1685ー1750)は、ドイツ各地にゆかりの地が点在しますが、ライプツィヒもその一つとして、クラシックファンのみならず世界中から観光客が訪れます。
J.S.バッハは1723年にライプツィヒの聖トーマス教会のカントル(音楽監督)として就任し、この地で多くの作品が誕生し、その数々は現代まで受け継がれ、耳にすることができます。

2018年03月27日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


201803206334

ベルリンで中華料理を楽しむ 〜 ドイツワーキングホリデー

ベルリンで中華料理を楽しむ 〜 ドイツワーキングホリデー
Ming Dynastieにて、
大勢で一緒にいただくのが楽しい。

 海外生活で恋しくなるのは、日本料理だけでなく、たまに中華料理も恋しくなったりしませんか。
ここ数週間の間に一気に中華料理をいただく機会が連続してありましたので、ベルリンにある様々な種類の中華料理店をご紹介したいと思います。

2018年03月20日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

[1][2 ] [3 ] [4 ] [5 ] [6 ] [7 ] [8 ] [9 ] [10 ] [11 ] [12 ] [13 ] [14 ] [15 ] [16 ] [17 ] [18 ] [19 ] [20 ] [21 ] [22 ] [23 ] [24 ] [25 ] [26 ] [27 ] [28 ] [29 ] [30 ] [31 ] [32 ] [33 ] [34 ] [35 ] [36 ] [37 ] [38 ] [39 ] [40 ] [41 ] [42 ] [43 ] [44 ] [45 ] [46 ] [47 ] [48 ] [49 ] [50 ] [51 ] [52 ] [53 ] [54 ] [55 ] [56 ] [57 ] [58 ] [59 ] [60 ] [61 ] [62 ] [63 ] [64 ] [65 ] [66 ] [67 ] [68 ] [69 ] [70 ] [71 ] [72 ] [73 ] [74 ]
[ PR ]