PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108024008

アトラクション/レゴランド ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー

アトラクション/レゴランド ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー
4D映画館にて
雨が多い梅雨のような今年の夏。夏休みだというのに子供をピクニックにも、屋外プールにも連れて行くこともできずにいたら、今ベルリンを訪ねているフランスの友達が子供たちとレゴランドに行くとのこと。ベルリンに住んでいると私にとって観光客的なスポットにはあまり行かないこともあるし、観光客が多いレゴランドをさけていたこともあり行ったこともないので、試しに急遽行ってみることに。ドイツに住んでいると、博物館や美術館の文化的な場所に子供を連れて行く機会が多く、レゴランドのようなところはつい後回しにしていたわけです。
アトラクション/レゴランド ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー
特大サイズのやわらかい素材のレゴで遊ぶ
それは雨の降り続く金曜の午後。天気が悪いので考えることは皆同じ、大変なにぎわいです。入場チケットを買うにも待ち時間が。ベルリンに住んでいて何かを待って買うという行為は久しぶりで、すでに疲れてしまったのですが、なんと中に入ると狭い空間にいるたくさんの人の多さにびっくり。日本にいた時は電車に乗っても、買い物に出かけてもたくさんの人に囲まれることは始終であったけれど、ベルリンでこんなにたくさんの人を見たのは久しぶりというわけです。
アトラクション/レゴランド ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー
特大サイズレゴで人形が完成!
狭い空間でも意外と見るものも遊ぶものも盛りだくさんで、あっと言う間に3時間くらいが過ぎました。小さな子でも乗れるような乗り物アトラクションが2つもあり、10分も待てば乗れるくらいの気楽さなので、疲れることもなく楽しくなってきたり。もちろんレゴで遊べるだけでなく、レゴカーを使って遊ぶのレース場もあり、特大サイズのレゴもあり、子供たちは熱中してとても楽しんでいました。
アトラクション/レゴランド ベルリン 〜 ドイツワーキングホリデー
レゴ展覧会にて。
ベルリンドイツ国会議事堂とブランデンブルグ門
また、ニ階にはベルリンのベルリン大聖堂やブランデンブルグ門などの観光スポットっを集めたレゴ展示場もありました。
そして、特に私たちが楽しめたのは、4D映画館。2種類の映画を交互にそれぞれ10分くらいずつ放映しているのですが、専用の3D眼鏡を借りて、噴水の水が降りかかる映像になると、客席に実際に霧吹きがかかるような仕組み。みんなで少しぬれてしまったのですが、子供にはとても印象に残るアトラクションだったようです。せっかく夏なのに、雨の日が多くて屋外で楽しめないのはとても残念ですが、こんな時はあきらめてこういうアトラクションに行くのも悪くないな、と思いました。
2011年08月02日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]