PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108094028

世界最高峰 ドイツのピアノ 〜 ドイツワーキングホリデー

世界最高峰 ドイツのピアノ 〜 ドイツワーキングホリデー

 ヨーロッパはクラシック音楽の本場でもあり、毎日のようにあちこちでコンサートが開催され、皆日常生活の一部として楽しんでいます。

さて、よくホールなどでお目にかかるピアノですが、ドイツは世界三大ピアノといわれる「Steinway&Sons」(ドイツ)、「BECHSTEIN」(ドイツ)、「Boesendorfer」(オーストリア)のうち、2つを生み出した国でもあります。
その中で、ベヒシュタインは、かの有名な作曲家、リストやドビュッシーが愛用したことでも知られています。
長い歴史の中で、世界恐慌や戦争などにより経営脱却の危機もありましたが、困難を乗り越え、今では世界トップブランドの地位を築き、トップクラスの品質を保っています。

どのメーカーも構造が異なり、演奏者によっても好みが異なり、それぞれの特徴があります。
もちろん、これらのメーカー以外にも素晴らしいピアノはたくさんあります。

今回お邪魔したのは、ハンブルクのオイローパパッサージュの中にあるベヒシュタインのお店。
店内にはフォルムの美しいピアノが並び、弾き心地はそれはうっとりする程素晴らしいものです。
クリアな音と、立ち上がりの早さ、豊かな響き、このような楽器で練習できたら最高でしょうね!

ドイツ職人の手作りの技、まさに目をみはるものがあります。

2011年08月09日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]