PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201507145846

ドイツの結婚式 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツの結婚式 〜 ドイツワーキングホリデー
役所内のホールでのセレモニーの様子

 ドイツでは、正式に結婚籍を入れずに生活しているペアが多く、結婚するというペアは少ないのですが、今回は招待された結婚式からレポートと、ドイツでの一般的な結婚式についてお話したいと思います。
ドイツでは盛大な結婚式をする場合は、一般的に暖かい季節である、夏の時期に屋外で行われる結婚式が多いと思います。
まずは、籍を入れるセレモニーを役所で行います。今回私が行った結婚式は、役所内の素敵なホールを貸しきって盛大に行われました。セレモニーは2時間ほどで終わり、その後建物内の屋外で、シャンペンとチーズ、イタリアンハム、フルーツなどを楽しみながら、ライブミュージックを聴き、新郎の上司のすばらしい結婚生活お役立ちスピーチなどもありました。

ドイツの結婚式 〜 ドイツワーキングホリデー
ドイツ式ご祝儀の例

 その後、一度帰宅し、夜用ドレスに着替えたり、夜の部に備えてちょっと仮眠したりします。夜の結婚式は夜6時ごろから、ベルリン郊外の静かな湖畔のレストランで行われました。日本のように、2,3時間で終わり、しかもその間にいろいろなスピーチや芸などが忙しく終わってしまうような披露宴ではなく、ドイツではいたって歌やスピーチなどのショー自体は少なく、ライブミュージックを聴きながら、食事をゆっくりを楽しみます。そして、その間にとにかくみんな踊ります。通常ドイツのパーティーはそのまま朝まで続くといいます。

ドイツの結婚式 〜 ドイツワーキングホリデー
ペルシャ風セレモニーの
結婚式での伝統お菓子

 今回行った結婚式では、イタリア料理がメイン。湖畔のレストラン会場に、ボートで到着後、夜の6時半ごろからアペルティブから始まりました。アンティパストも1時間から2時間近くはゆっくりと楽しみ、メニュ−盛りだくさんで、ゆっくりいただいたのに、それでおなかいっぱいになってしまった感じでした。その後メインのグリルしたお肉料理がでてたのが、夜の10時ごろから、ウエディングケーキを食べることができたのは、なんと夜中の12時半を過ぎていました。

ドイツの結婚式 〜 ドイツワーキングホリデー
披露宴会場の湖畔のレストラン

 さて、結婚のお祝いなのですが、ドイツでも現金が主流。日本のようにご祝儀袋にいれるのではなく、5、10、20、50ユーロなどの札束を見えるように、個性的デコレーションや、工作したりしてプレゼントしたりするような習慣があるようです。

2015年07月14日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]