PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201211204740

健康保険会社から ボーナスプログラム 〜 ドイツワーキングホリデー

健康保険会社から ボーナスプログラム 〜 ドイツワーキングホリデー
歯科検診用のボーナススタンプ帳
 私が加入している健康保険会社では、ボーナスプログラムと呼ばれるものがあり、参加希望の加入者には毎年スタンプ帳が送られてきます。以前から歯科検診の場合には、毎年歯科検診のたびに歯科医のサインとスタンプを押してもらうスタンプ帳があり、5年以上定期的に歯科検診を行うと、次回の治療費が1割ほど割引されるシステムがありますが、このボーナスプログラムは保険会社が主催であり、歯科検診だけでなく、35歳以上の健康診断、予防注射、皮膚がんスクリーニングが、検診としてはボーナスプログラム対応です。
また、オンライン上で最寄の健康保険会社主催のダイエットなどの栄養プランコースやフィットネス、タバコをやめるためのコース、ストレスなど様々なコースにも参加し、それらも一スタンプ分の対応となります。スタンプをためて、3つ以上だと30ユーロ、6つ以上だと、60ユーロというように少しばかりですが、健康保険会社にスタンプ帳を送付すると戻ってきます。
ドイツでは、年に一度の歯科検診と、女性であれば、婦人科での子宮がん検診に行くように勧められています。一年に一度の定期検診を受ける事は、早期発見につながり、加入者にとっても保険会社にとっても、ポジティブな結果になることが多いためです。医療保険料が高い、クリニックの予約がすぐにとれないなど、ドイツの医療システムにはまだまだ不満が多いようですが、緊急の場合や、たいていの病気は保険料のみ、負担費ゼロで医者にかかることが出来るという点は、ドイツ生活で安心であることのひとつだと改めて思います。
2012年11月20日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]