PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201201104267

フランケンワインの産地〜ヴュルツブルクを訪ねて〜 ドイツワーキングホリデー

フランケンワインの産地〜ヴュルツブルクを訪ねて〜   ドイツワーキングホリデー
マリエンベルク要塞
 フランクフルトから南東に電車で1時間ほど、ワイン畑が湖面に映える美しい街、Würzburg(ヴュルツブルク)があります。
ここはフランケンワインの中心地として、世界各地からワインを求めて購入にやって来ます。
訪れて圧倒されるのは、やはり広大なワイン畑。
時期により、緑色一面の鮮やかさや、黄金色に輝く眩しさなど、違う景色を目にすることができます。
フランケンワインの産地〜ヴュルツブルクを訪ねて〜   ドイツワーキングホリデー
旧マイン橋より夜のマリエンベルク要塞
このヴュルツブルクには、伝統的なぶどう園が3つあり、教会や州が所有しているもので、それぞれレストランを備え、フランケンワインを味わうのはもちろん、試飲して直接購入することもできます。
その一つ、ユリウス・シュピタールというレストランで飲んだフランケンワインは絶品でした。
今まで飲んだフランケンワインの中で、一番美味しいものでした。
あまり上手くは表現できませんが、スーパーやデパートで購入したものはすっきりした飲み心地のものが多かったのですが、これは味わい深いというか、色合いも美しく、こんなにも違うものかと感動しました。
旧マイン橋から眺めるマリエンベルク要塞も、昼夜ではがらっと雰囲気が変わり、橋のたもとのお店でワインを片手に景色を楽しむ人が多く見られます。

他にも世界遺産のレジデンツなど見ごたえのある遺産もあり、景色・文化・グルメを多く楽しめるおすすめの町です。


2012年01月10日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]