PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201409165601

ドイツで重宝する日本食 〜 ドイツワーキングホリデー

ドイツで重宝する日本食 〜 ドイツワーキングホリデー
様々な味が楽しめる「やまうに豆腐」

 こちらの乳製品やパン、ハムなどがいくら美味しいと言ってもやはり恋しくなる日本食。
外で食べようと思うと、日本食のレストランに行く訳ですが、経営者やシェフが日本人であれば、懐かしく美味しい日本食がいただけますが、日本人以外が経営、調理するレストランでは、見た目は日本食、味は??と思うことも多々あり、お気に入りのお店を探すのも一苦労です。
現地在住の日本人方であれば詳しく、お店を教えていただくことも可能ですが、自分好みの味が恋しくなったら自炊するのが身体にも一番です。

 そんな時重宝するのが、現地では手に入らない日本から持ち帰ったものや、お土産でいただいたものなどです。
中でも地方の特産品「やまうに豆腐」はアレンジしやすい食品の一つで、お土産として持ち帰ると大変喜ばれます。


ドイツで重宝する日本食 〜 ドイツワーキングホリデー
パスタにアレンジ(五木屋本舗HPより)

 九州の特産品で、お豆腐を味噌に漬け込み、長期熟成させたもの。
その味わいはまるでうにのようで、お豆腐とは思えない味わいです。
おつまみとしてそのまま食べても、またパスタやディップにアレンジしても美味しくいただけるもので、ドイツ人にも好評でした。
味噌などの発酵食品は苦手な方が多いような気がしますが、アレンジしたものを現地の食材で美味しく調理でき、振る舞えるのは、世界の食文化を共有する意味でも嬉しいことです。
自分でお豆腐を味噌に漬け込んで作ろうとしてもなかなか上手くいかず、やはりこの味わいは格別です。
帰国の際やお土産としてお願いするにはもってこいの日本食だと思っています。

 欧州での日本食人気は上昇の気配が衰えませんが、日本の食材でアレンジし、現地の方にも喜んでいただける日本料理で食文化の共有を図り、さらに日本食が世界へ浸透することを願う今日この頃です。


2014年09月16日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]