PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201201244285

偉大な作曲家の宝庫 ドイツ 〜 ドイツワーキングホリデー

偉大な作曲家の宝庫 ドイツ 〜 ドイツワーキングホリデー
ブラームス博物館
 クラシック音楽の本場として名高いドイツには、多くの作曲家にちなんだ地がたくさんあります。 
ドイツ三大Bと称される作曲家に、Johannes Brahms(1833-1897)がいます。
彼はハンブルクに生まれ、ピアニスト、指揮者として活躍し、また作曲家として数多くの作品を残しました。
偉大な作曲家の宝庫 ドイツ 〜 ドイツワーキングホリデー
自筆譜や当時の写真の数々
彼の生まれ故郷であるハンブルクの中心地に、ブラームス博物館があります。ブラームスの生家はこの近くにありましたが、戦災で焼失してしまい、1969年に設立されたインターナショナル・ヨハネス・ブラームス協会により運営されています。
ここには、ブラームスの自筆譜や手紙、身辺小物や図書、彼がレッスンで使用していたピアノ、デスマスクや当時の写真などが展示されており、決して大きな博物館ではありませんが、内容は実に充実しており、また館内のおば様がブラームスについてや展示内容について親切に説明してくださいます。

そして、なんと言っても感動的だったのが、ブラームスが当時レッスンで使用していたピアノを弾かせていただいたこと。

偉大な作曲家の宝庫 ドイツ 〜 ドイツワーキングホリデー
1848年製 ターフェルクラヴィーア
もちろん年数も経過していますので、中には出ない音やチューニングも正確でない音もありますが、当時このピアノで彼がレッスンをしていたことを思うと、実に感慨深い思いがします。
鍵盤の重さもさることながら、音はアコースティックギターに近いような、弦を叩いている感覚がはっきりと手元に伝わってきます。

ブラームスは人生の後半をウィーンで過ごしましたが、多くの手紙からハンブルクへの想いを垣間見ることができます。

「私は、ハンブルクを想うと、とても懐かしくなると同時にすごく幸せな気持になる。もしそこに行った暁には、あの昔からよく知っている防壁や通りを歩き回りたい。」(1858年)

音楽家との歴史とも深い関係がある港町“ハンブルク”。品があり、とても町並みが美しい素敵な街です。


Brahms-Museum Hamburg
www.brahms-hamburg.de

2012年01月24日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]