PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201104193833

旬!白アスパラの美味しさに感動 〜 ドイツワーキングホリデー

旬!白アスパラの美味しさに感動 〜 ドイツワーキングホリデー

 世界各国の食文化は時代と共に進化し、今やある程度は、どこにいても世界各国の料理が楽しめる便利な時代になってきました。
ヨーロッパは有数のグルメ王国でもあり、目で見て感動し、食感を楽しみ、味わい、正に五感で楽しむ料理が満載です。

しかし、やはりその土地のものをその土地で直に食すということは、何よりも新鮮で気候・風土に合ったものであることは間違いありません。
より美味しさも増すことでしょう。

今ドイツでは、正に“Spargel”(白アスパラ)が旬を迎えています。
毎年この時期になると、春を待ちわびたように一斉にマルクト(市場)や店先に並びます。
この光景をみて、ようやく春の訪れを感じ、これからの季節に胸を躍らせる人も少なくないはずです。
日本ではあまり見かけない、とにかく茎が太く、肉厚でみずみずしい食感です。
ドイツに来て初めてこの白アスパラを食べた時には、その美味しさに感動しました!

このシュパーゲルですが、とにかく皮が厚いので、剥くのも一苦労です。
ある土地では、このアスパラの皮むき大会があるとか。
ただ、剥くのが大変な割には、殆どが水分のため、カロリーは20kカロリー/100gだそうで、かなりヘルシーです。

日本で一般的によく見かけるグリーンアスパラとは、栽培方法が違います。
グリーンアスパラは、太陽の光をたっぷりと浴びて育ちますが、白アスパラは、土の中で栽培されます。
育ちすぎると苦味が伴いますので、見分けは難しいところ!
一般的な食し方としては、シンプルにバターを添えて食べます。
その他にも様々なソースがあったり、また日本独自の調味料(お味噌や醤油など)を用いてオリジナルのソースを考案してみるのも案外ドイツ人にうけるかもしれません。

これだけ多くのドイツ人に愛される食材なだけに、このシュパーゲル専用の皮剥き機や、茹でるお鍋があります。
さすがはドイツ!と思わず納得してしまいます!


アスパラの調理法・・・今が旬!?ドイツのアスパラ 〜 ドイツワーキングホリデー

2011年04月19日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]