PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201707046231

ツール・ド・フランス ドイツで開幕 〜 ドイツワーキングホリデー

 世界的に有名な自転車のロードレース、「ツール・ド・フランス」が7月1日から始まりました。ロードレースに詳しくない人でも、テレビのニュースなどで毎年フランス、パリの凱旋門で両手を上げながらゴールをするシーンを見たことがある人は多いでしょう。


 名前の通りフランスを中心にレースが行われますが、毎年フランス以外のヨーロッパの都市が出発地点に選ばれます。この開幕地のことを「グランデパール」と呼ぶそうですが、今年のグランデパールはドイツのデュッセルドルフ。開幕地をドイツで迎えるのは30年ぶりだそうです。ちなみに、1903年に始まって以来、ケルン、フランクフルト、西ベルリンに続き、今回ドイツで4都市目です。


 7月1日にデュッセルドルフをスタートしたら、23日間レースは続きます。
ドイツ、ベルギー、ルクセンブルグを通化し、フランスへ入ります。その後フランスの5つの山脈(ヴォージュ山脈、ジュラ山脈、ピレネー山脈、中央山塊、アルプス山脈)を通り、パリのシャンゼリゼ大通りのゴールを目指します。

デュッセルドルフからパリまで自転車で走ると想像しただけでも、その距離に驚かされます。

ちなみに、初日はデュッセルドルフ市内を13kmに渡って個人タイムトライアルを競うそうです。
続いて2日はデュッセルドルフ市内をスタートし、周辺を走った後デュッセルドルフに戻り、次はベルギーを目指して走ります。


 レース前日、前々日には、デュッセルドルフで関連のイベント、前夜祭が行われ、選手が一堂に集ったり、コンサート、花火などが行われるなど、レース開始直前の雰囲気をさらに盛り上げます。

夏の風物詩であるロードレースの祭典。自転車ファンは目が離せませんね。



2017年07月04日(火) written by Adler from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]