PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201410175657

大好きアルコールフリービール 〜 ドイツワーキングホリデー

大好きアルコールフリービール 〜 ドイツワーキングホリデー
天気の良い日は
外で飲むのがお気に入り

 ドイツに来て私が大好きになった飲み物、それはアルコールフリービール。はい、アルコールの入っていないビールです。同じくビール大国のイギリス人の知人には、「アルコールフリー?何のために飲む?」と言われてしまったように、なぜそんなものをと疑問に思う方もいるでしょう。でもここドイツのアルコールフリービールは、とってもクオリティが高いと個人的に思っています。甘い飲み物は気分じゃないけど食事のお供にすっきりとした飲み物がほしいとか、ビールの味は好きだけどアルコールの影響は受けたくないとか、まあいろいろきっかけはあると思いますが、日常の飲み物として私の生活には清涼飲料水と同じように私の生活に馴染んできています。

 アルコールフリービール(Alkoholfrei bier)は、どこのレストランでも、カフェでも、スーパーでも簡単に手に入ります。そして種類もいろいろあります。ヴァイスビア(白ビール)はもちろん、レモン風味のものや、甘みのあるもの。アルコールフリービールを飲むと母乳の出がよくなるらしく、授乳中のママにもいいんだよ、とあるドイツ人が言っていました。また、ある人は子供にも与えていました。つい最近、フランスとイギリスに行く機会があったのですが、レストランでアルコールフリービールを注文しようとしたところ、そんなものはありませんと言われました。同じヨーロッパでも(フランスはドイツの国境近くの街だったのに…)アルコールフリービールがアルコール入りビールと同等の市民権を得ているのはドイツだけなのかしら、と思わされる出来事でした。

大好きアルコールフリービール 〜 ドイツワーキングホリデー
左からルバーブ味(空瓶で失礼)、
ベーシックな白ビール、リンゴ味

 もともとビール大好き人間の私ですが、ドイツのアルコールビールの味には大満足しています。もちろん、夜のパーティーや、オクトーバーフェストや、友人たちとの集まりでは、アルコール入りではじける、というアルコールの醍醐味(?)を堪能することももちろん忘れていません。

2014年10月17日(金) written by モチヅキカズミ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]