PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201708086247

夏の過ごし方・バーベキュー 〜 ドイツワーキングホリデー

夏の過ごし方・バーベキュー 〜 ドイツワーキングホリデー
バルコニーでもバーべキュー

 冬の長いドイツでは、夏といえば、冬と対照的に人々はとにかく屋外へ出て過ごします。ランチタイムでもちょっとビールを飲むのでも、公園でもバーでも、バルコニーでもとにかく外で過ごします。

 そして、バーベキューは、ドイツでも夏のイベントのひとつとして人気が高いです。夏の間の誕生会や友達と集まるなどのイベントの食事にはたいていバーベキューが活用されます。ただ、ベルリンでバーベキューをするときに一番困ることが、夏場でも天気が不安定なこと。夏場であっても、なかなか事前にバーべキューを計画することができないこともあり、早くても前日に計画、または当日に天気が良い場合、急にバーべキューイベントを決行することも多々ありです。そういう状況なので、家の冷蔵庫にある肉や野菜などを各自持ち寄りで、急にバーベキューを開始することもしばしば。


 ドイツ人が夏の休暇で出かけるスペイン、ギリシャ、イタリアの週単位で借りられるような休暇用貸しアパートにも、バーベキューセットが備えつけられていることがほとんどなので、休暇中にバーべキューをするドイツ人も多いです。または、ドイツ人が夏の休暇に行うキャンプでも、バーべキューは人気です。バーべキュ−は屋外で行われ、もともと原始的でシンプルな調理法なので、やはり人間が一番求めているイベントなのかもしれません。

 日も長く、夜の9時、10時ごろまで明るいので、夕方からでもゆっくりバーベキューを始めることができます。簡単に素早く食にありつける時代ですが、バーベキューしながらとのんびりとした時間を過ごし、屋外で食事をすることは、ドイツの夏ならではの過ごし方です。



2017年08月08日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]