PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201309105182

ベルリン中心地お車事情 カーシェリング 〜 ドイツワーキングホリデー

ベルリン中心地お車事情 カーシェリング 〜 ドイツワーキングホリデー
車内のナビモニター、ここに暗証番号を
入れてから、目的地の住所を入れて、
ナビとしても利用できる。
 特にベルリンでは個人所有のものを少なくして、なるべくみんなとシェアしようというエコ的な考えの新しいライフスタイルがトレンドだったりするのですが、ベルリンではそのひとつが例えば、車。
ベルリン市内では、周辺に住んでいる場合は、住民駐車証を区役所で申請すると、無料で路上に駐車することが出来ますが、車には維持費がかかるほか、中心部に住んでいると住民駐車票を持っていたとしても、駐車可能なスペースを探すのにとても時間がかかることがほとんどです。駐車する時間帯や曜日にもよりますが、平均して最低でも10分ほど駐車場所を探すことになることが多いのです。そこで、特に20代の独身若年層の間で会員数を増やしていって話題となっているのが、Drive Nowという都市中心部内でのカーシェアリングシステム。近くに駐車されているミニクーパーやBMWのDrive nowの車をウェブサイトやアプリでチェックして、オンラインで予約も可能、15分以内に車を取りにいけば完了です。料金は1分31セントで、渋滞がなければ、走行する場所にも寄りますが、タクシーはもちろん、電車や地下鉄よりも格安なことも。ほとんどは、乗り捨て利用で、ガソリンスタンドに行く必要もないし、駐車券も買う必要もないので、たまに車が必要だという場合には、車を一台持った時の維持費のことを考えると、とてもお得なことになります。また、利用走行時間と料金はその日のうちにメールで報告がきます。

私もベルリン中心部に住む一人として、そういった駐車場の問題と車維持費節約のために、車の購入をなかなか決心することができない。自転車があれば、車はなくても生活できる中心地に住んでいても、やはり車を使用したいな、ということは多々あるので、いざというときのために、先日私もこのDrive Now会員登録をしました。もちろん、ドイツでの免許証が必要になります。オンラインで登録手続きをしたら、SIXTレンタカーをいうオフィスが代行してくれるので、チップをもらいにいき、契約書を渡して登録手続き完了。このチップは、免許証の表面に張られ、車を借りる際にフロントガラスについているセンサーにこの免許証についているチップをつけると、車のロックが自動解除されます。その後、車内にあるタッチスクリーンのナビモニターに、暗証番号を入れると運転が開始できるシステムです。

2013年09月10日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]