PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201412165719

ベルリンスタイル・ストリートフードクリスマスマーケット 〜 ドイツワーキングホリデー

ベルリンスタイル・ストリートフードクリスマスマーケット 〜 ドイツワーキングホリデー
ノイエ・ハイマット入り口

 ドイツのクリスマス、アドヴェントシーズンの楽しみといえば、クリスマスマーケットを訪れること。このアドヴェントの時期にベルリンで話題になっているストリートフードとクリスマスマーケットをあわせたフリードリヒスハインにあるNeue Heimat(ノイエ・ハイマット)に行ってきました。入場料は2ユーロかかりますが、会場内はいろいろなイベントやマーケット、フードマーケットがありたくさん楽しめるのでとてもお勧めです。この付近は旧東ベルリン地域でここ10年くらい住宅が急激に改築されきれいになってきたり、インターナショナルな若年層向けのクリエイティヴなイベント企画、おしゃれなカフェ、レストランで賑わう場所になり、ここ近年急速に変化した地域でもあります

ベルリンスタイル・ストリートフードクリスマスマーケット 〜 ドイツワーキングホリデー
入場料を支払う入り口、コンテーナー
でストリート感覚いっぱい

 さて、このマーケットの中は広く、DJライブ・ダンスホール、15件ほどの野外のフードマーケット屋台コーナー、そしてかつては工場であった建物の中には、今ではベルリン在住のフリーのクリエイティヴなアクセを売っているアーチストや独自の食品を売る小さなコーナーがたくさん並びます。フードマーケットは最近ブームのハンバーガーやパストラミサンド、リブ、アジア系、インド料理、モロッコ料理、メキシカンなどの屋台が集まっています。迷って、何を食べたらよいか決めることが出来ないくらいどれもおいしそうでした。

 そして、ホール内にはカフェ、バーやウイーン風カツなどが(ヴィエナー・シュニッエル)7ユーロほどという、とてもお得なレストランもあります。ホールの中のレストランやバーもカジュアルなストリート感があり、気取ってないのがベルリンスタイル、地元に住む人たちや観光客に人気の秘密です。

ベルリンスタイル・ストリートフードクリスマスマーケット 〜 ドイツワーキングホリデー
屋台のバー

 私が行ったこの日は土曜日の夜7時ごろでしたが、すでに結構にぎわっていました。従来のクリスマスマーケットに飽きてしまった、という方はもちろん、ストリートフードが大好きなあなたにもぜひお勧めです。マーケットにはオリジナル感あふれるベルリン在住のアクセサリーやバックなどのアートもたくさんあるので、クリスマスプレゼントを探すにもお勧めの場所です。


2014年12月16日(火) written by まっちょ from (ドイツ)
Comment(0)


ドイツ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]