PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201412165720

Vancouver Christmas Market 2014 〜 カナダワーキングホリデー

Vancouver Christmas Market 2014 〜 カナダワーキングホリデー
今年のクリスマス・マーケット

 12月もいよいよ半ば!早いもので今年もあと2週間で終わるのかと思うと、なかなか感慨深いものがあります。ですがカナダは現在「クリスマス・ムード全開」で、一年間の最大イベントであるクリスマスに向け、バタバタと色々な準備に慌しく動いています。まさに「師走」という言葉を実感している今日この頃です。さて、そんな慌しい中、バンクーバーで毎回開催されている『Vancouver Christmas Market 2014』に行って来ましたので、今回はそのリポートをしたいと思います。

Vancouver Christmas Market 2014 〜 カナダワーキングホリデー
クリスマスといえば「くるみ割り人形」

 この「Vancouver Christmas Market」、2年前の記事『Vancouver Christmas Market』でも御紹介した事があります。本場ドイツのクリスマス・マーケットを模して2010年から始まったこのマーケットも今年で5回目。今回の出展数は2年前の40店舗から、55店舗にまで拡大しました。それだけこのマーケットがバンクーバーでポピュラーになったという事で、今回私が行った時も、歩くのさえ困難なほど人で溢れかえっていました。出展者は地元のカナダ、お隣のアメリカ、遠くはヨーロッパ諸国からと国際色も豊か。色々な国のクリスマス・グッズを見る事が出来て、見ているだけでも楽しくなります。ただ、殆どの品々がハンドメイドの『伝統工芸品』なため、お値段はやや高め。でもよく見ると5ドル以下で購入できるクリスマス・オーナメント等もあるので、そういった品を主に見て回ってしまった私です・・・。

Vancouver Christmas Market 2014 〜 カナダワーキングホリデー
レースで作った繊細なオーナメント

 写真の一部が白飛びしてしまって分かりづらいのですが、こちらのオーナメント、凄く素敵じゃありませんか?これ、全てレースで出来ているんです。これはドイツ・ザクセン州にある繊維産業の町プラウエンの伝統工芸品『プラウエン・レース』だそうで、その繊細さに目が釘付けになってしまいました。大きな作品にはやはりそれなりのお値段が付いていましたが、このオーナメントはお手頃価格だったのと、余りの可愛さ&繊細さに一目惚れしてしまい、いくつか購入。現在、我が家のクリスマス・ツリーを彩ってくれています。こんな風に、普段は出会う事の無い世界の工芸品と「思わぬ出会い」が出来るのも、クリスマス・マーケットの面白いところだと思います。

Vancouver Christmas Market 2014 〜 カナダワーキングホリデー
今回、初挑戦した「ホット・ワイン」
こと「モルド・ワイン」

 そして今回、クリスマス・マーケット3度目にして初挑戦したのがこちら。クリスマス・マーケット名物「ホット・ワイン」です(ちなみに「ホット・ワイン」は和製英語で、カナダでは「モルド・ワイン」と呼ばれています)。ここ数年、一身上の都合で飲酒を控えていた為、一度も飲んだ事が無かったのですが、今回ようやくホット・ワインに挑戦する事が出来ました。匂いだけだと「シナモン、クローブ」といったスパイシーな良い香りがして、気になるお味は・・・甘〜い!以前から「甘い赤ワイン」と聞いてはいたのですが、本当に甘い赤ワインでした。二杯目は無理だけど一杯だけなら美味しく頂ける、そんな感じの飲み物ですね。でも、一杯飲んだだけで身体がポッカポカになりました。寒い冬の日の屋外で頂くには最高のドリンクだと思います。ちなみにカップは要返却なのですが、$4で買い取りも可能。私は記念にと思い、買い取りしました。
 今年のクリスマス・マーケットもイヴの24日まで開催されます。入場料も大人7ドルとお手頃で、一度入場すれば何度でも入場できるシーズン・パスが手に入るので、この時期にバンクーバーにお越しの際は、是非行ってみて下さいね。


●Vancouver Christmas Market 2014●
http://vancouverchristmasmarket.com/




2014年12月16日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]