PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201408265577

アメリカ旅行記(前編) オレゴン州ポートランド  〜 カナダワーキングホリデー

アメリカ旅行記(前編) オレゴン州ポートランド  〜 カナダワーキングホリデー
オレゴン州最大の都市ポートランド。
市内上空にロープウェイが通っています。
(C)gobytram.com

 早いもので、8月も最終週となりました。夏の終わりが近づいたとは思えないような好天が続いているカナダ西海岸地方ではありますが、だいぶ短くなった日照時間に秋の訪れが近づいている事を実感する今日この頃です。さて先日、夏休みの締め括りも兼ねてアメリカへ2泊3日の小旅行に行ってきましたので、今回と次回の記事で前後編に分けてその時のお話をしたいと思います。まず今回は、旅行の前半で訪れた街・オレゴン州ポートランドを御紹介します。

アメリカ旅行記(前編) オレゴン州ポートランド  〜 カナダワーキングホリデー
OMSIで展示されている潜水艦。内部見学も可能。

 ポートランドはオレゴン州最大の都市で、カナダ・バンクーバーからだと高速道路に乗って車で6時間ほど掛かります。日帰り旅行にはきつい距離なので、最低でも1泊は必要だと思います。都市の規模としては、アメリカ北西部ではワシントン州シアトル、カナダ・バンクーバーに次ぐ3番目の規模。私達はこの日、午後1時前にポートランドに到着し、本日の目的地である『オレゴン科学産業博物館(Oregon Museum of Science and Industry:通称OMSI)』へ直行。ここは1944年に設立された博物館で、その規模・展示内容の素晴らしさから「米国博物館トップ10」に名を連ねています。恐竜時代から宇宙時代までを網羅した施設は「体験型展示」がメインで、身体で体感しながら科学を学ぶ事ができます。館内には展示ホール5箇所、科学実験室が8箇所あり、その他にも3Dシアターや実際に米国海軍が使用していた潜水艦の実物展示(内部見学可)があり、ここだけで一日が潰せてしまうようなとても内容の濃い博物館でした。

アメリカ旅行記(前編) オレゴン州ポートランド  〜 カナダワーキングホリデー
オレゴン動物園にて。

 そして子供を持つ人であればオレゴン観光に欠かせないのが『オレゴン動物園(Oregon Zoo)』。ダウンタウンからわずか10分足らずの広大なワシントン・パークの敷地内にあり、アクセスも簡単。2008年から2009年の一年間で160万人もの人々が訪れたポートランド一の人気施設であり、1888年の設立から126年もの歴史を持つ場所でもあります。園内に入って感じたのは、各施設が自然に近い環境で設計されており、動物たちからも余りストレスが感じられなかった、ということ。そして敷地がとても広大で、「次」「次」と割と急ぎ足で移動したにも関わらず、あっという間に6時間が過ぎてしまいました。今回は立ち寄る時間がありませんでしたが、同じワシントン・パーク敷地内には『国際バラ試験庭園』(ポートランドは『バラの都市』と呼ばれるほどバラの生産で有名)や『ポートランド日本庭園』などもありました。いつか是非立ち寄りたいものです。

アメリカ旅行記(前編) オレゴン州ポートランド  〜 カナダワーキングホリデー
夜に乗ったロープウェイから、
ポートランドの綺麗な夜景が望めました。

 ポートランドでの最後の夜に私達が向かったのは『ポートランド・ロープウェイ(Portland Aerial Tram)』の乗り場。このロープウェイはサウス・ウォーターフロント地区とオレゴン健康科学大学のキャンパスとを結んでいます。アメリカではニューヨークに次いで2番目に出来た「通勤用ロープウェイ」なのですが、観光客にも人気で、沢山の人々が3分間の束の間の空の散歩を楽しんでいます。私達が到着したのは運行最終時間である午後9時半直前で、なんとかギリギリでトラムに乗り込む事が出来ました。トラムから望むポートランドの夜景は本当に美しくて、しばしウットリ。乗り心地も良好でしたが、微かに揺れるため夜景の写真が綺麗に撮れなかったのだけが残念でした。
 ポートランドは本当に見所が多い場所で、2日間だけではとても観て回りきれませんでした。再び訪れたい街の一つとなったので、また近々訪れたいと思っています。


2014年08月26日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]