PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108164042

使うとハマる?「北米のキッチン・ツール」 〜 カナダワーキングホリデー

使うとハマる?「北米のキッチン・ツール」 〜 カナダワーキングホリデー
我が家の電気レンジ。
下部のオーブンは二段式で大容量。
 8月も半ばとなりましたね。バンクーバー地方は相も変わらず冷夏のままで、晴天は続いているものの気温がなかなか上がりません。本格的な夏が来る前に秋に突入しそうな予感がします。
 
 さて、前置きとは全く関係ないのですが、今回はカナダ(北米)の“キッチン・ツール”についてお話したいと思います。
カナダに住むようになって、今年で早くも7年目。今では当たり前のように使っているカナダのキッチン・ツール達ですが、それらを初めて見た時は、かなり驚いたというか「カルチャー・ショック」を受けました。何故かというと、7年前の当時、これらのようなキッチン・ツールを日本で見た事も、聞いた事もなかったからです。その、私に驚きをもたらしたキッチン・ツール達は以下の数点。
 
●電気レンジ(オーブン)
ガス台と電気オーブンは「別々なのが当たり前」な日本で育った私、カナダに引っ越して来てこの電気レンジを初めて見た時「外国に来た!」と実感したのを覚えています。上部は四つ口なので複数の調理が一度に出来ますし、下のオーブンは大容量なので、これまた沢山の料理を一度に作る事が出来ます。なので日本に帰った時に実家で料理をすると、カナダで調理をするより2倍の時間が掛かってしまいます(苦笑)。
使うとハマる?「北米のキッチン・ツール」 〜 カナダワーキングホリデー
我が家で7年頑張ってくれているC・オーブン。
少量のマフィンやスコーンを焼くのに便利。
●コンベクション・オーブン
これは『オーブン機能・トースター機能』を持ち合わせた卓上小型オーブンで、最近、日本でも輸入製品がネットで高額販売されてますね(カナダでは60ドル位から売っています)。大きさは日本の卓上電気オーブンに比べるとかなり小型で、日本のトースターよりやや大きめな程度。まさしく『小型オーブン』といったところですね。レンジ機能はなく、トースターとして使う事が殆どなのですが、これが結構便利なんです。電気レンジの大容量オーブンを使うまでもない、ちょっとした量のオーブン料理を作りたい時に利用します。そうする事で節電にも繋がるので、我が家では重宝しています。
使うとハマる?「北米のキッチン・ツール」 〜 カナダワーキングホリデー
“ゆっくり調理”が売りのスロークッカー。
我が家では今の所は出番無しです。
●スロークッカー
最初見た時は「昭和中期の炊飯器?」と思ったスロークッカー。読んで字の如く“ゆっくり調理”をする為のツールで、シチュー等の煮込み料理に利用します。使用例ですが、出勤前などに全ての材料をスロークッカーに入れてスイッチを入れ、帰宅する頃に料理が出来上がる、という感じです。私は「時間が掛かる煮込み料理も、圧力鍋でスピーディーに!」が一般的な日本からやって来たものですから、この圧力鍋とは真逆の発想である構造のスロークッカーには当時かなり驚きました。ちなみに私はスロークッカーは持っていません。なんだか無駄に電気代が掛かりそうで嫌なんですよねえ。そうそう、カナダにも圧力鍋はありますが、あまり一般的ではないようです。
使うとハマる?「北米のキッチン・ツール」 〜 カナダワーキングホリデー
長年の夢だったスタンド・ミキサー。
大活躍中です。
●スタンド・ミキサー
卵や生クリーム、メレンゲなどの“泡立て”や、パン生地の“捏ね”、クッキー生地や肉の“練り・混ぜ”が行える便利なツール。色々な会社がスタンド・ミキサーを販売していますが、キッチンエイド社の物に関しては日本でも人気があるので、ご存知の方も多い事でしょう。私はカナダに来て初めてその存在を知りました。カナダに引っ越して来た当初、ケーブルTVの料理専門チャンネルばかり観ていた私。その中で、シェフや料理研究家が毎回のようにキッチンエイドのスタンド・ミキサーを使うんですよ!とても便利そうで、すっかりその魅力にハマってしまった私なのですが、なにぶん高い!日本円で5万円近くもする高価な品なものですから、私の中ではすっかり「夢のキッチン・ツール」となってしまいました。それはカナダ人にとっても同じで、このスタンド・ミキサー、「例え高価でも、いつかは手に入れたいキッチン・ツール」として、とても人気があります。そんなスタンド・ミキサーですが、私は去年末のボクシング・デー・セール(年末大売出し)にて、遂にゲット!(しかも格安で!)ケーキ作りに料理にと、大活躍してくれています。
他にもキッチンの省スペースに一役買ってくれる『棚下設置型コーヒー・メーカー&トースター』や、「缶くらい手動で開けようよ!」と思わず言ってしまった『電動缶切り器』、ドライフードを作る為の『食品乾燥機』など、面白いキッチン商品が北米には沢山あります。これらが売られているホームセンターやドラッグストアに行くと楽しくて、キッチングッズ・コーナーからなかなか離れられない私なのでした。

2011年08月16日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]