PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201008173483

夏は夜店へ出掛けよう!『Richmond Night Market』  〜 カナダワーキングホリデー

毎夜3万人の人々で賑わう会場。
夏は夜店へ出掛けよう!『Richmond Night Market』  〜 カナダワーキングホリデー
 バンクーバーはほぼ連日カラリとした快晴が続き、気温も25℃前後といった気持の良い夏となっています。陽も午後9時過ぎまで暮れない為、結構夜遅くまで外を出歩いたりしているのですが、その出掛け先の一つが、今や『バンクーバー花火大会』と並んで“メトロ・バンクーバーの夏の風物詩”の一つとなった『Richmond Night Market(正式名称は「Summer Night Market」)』。2000年の初開催から今年まで、毎年6月〜9月までの約4ヶ月間、毎週末&祝日の夕方から深夜までリッチモンド市のイベントスペースで開催されています。今回はそんな『Richmond Night Market』をご紹介。
カナダにいる事を忘れそうな
日本の縁日のような露店も。
夏は夜店へ出掛けよう!『Richmond Night Market』  〜 カナダワーキングホリデー
 まずは、このナイト・マーケットの開催地である「リッチモンド市」について少し補足を。リッチモンド市はバンクーバーの南隣に位置する市で、バンクーバー国際空港を有する市でもあります。人口は約17万5千人で、人口の40%を中国系移民が占める「中国系の都市」として有名。その為市内には中国語が溢れ、ショッピングモールもアジアン・テイストが満載。アジア系が多い街という事で日本企業も多く進出しており、100円ショップの『ダ○ソー』もリッチモンドに出店しています。
スタッフが日本語のシャツを着ていますが、
こちらは点心の露店。
夏は夜店へ出掛けよう!『Richmond Night Market』  〜 カナダワーキングホリデー
 『Richmond Night Market』はこの「リッチモンド」という独特なアジア文化が浸透した立地で開催されるせいか、日本人の私達が「ああ、なんだか懐かしい!」と思わず口に出してしまうような、絶妙な雰囲気を醸し出しています。露店出店者の殆どは中国系の人々を筆頭としたアジア系の人々で、食べ物ブースでは日本の“たこ焼き”や“お好み焼き”、そして“たい焼き”が売られています。お祭り価格なので一つひとつが高いと知りつつも、その場の雰囲気に流されて思わず買ってしまうんですよね。その他にも飲茶の点心を売るブースやアイスクリーム屋、衣類や雑貨、アクセサリー、携帯電話のブースもあって、見て歩くだけでも見応え十分。楽しくて、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
日本人スタッフが売っていた
タコ焼きを買ってみました。
夏は夜店へ出掛けよう!『Richmond Night Market』  〜 カナダワーキングホリデー
 このナイト・マーケットはとても人気のあるイベントで、連日3万人の客入りがあるそうなのですが、それもあって駐車場を確保するのは至難のワザ。運が良ければ無料で駐車場所を見つける事が出来ますが、大抵は5ドルを払って駐車する事になります。ここへは車よりも公共交通機関を使ってくるほうが無難でしょうね(でも、ついつい車で行ってしまうのですが・・・汗)。
毎回行く度にあまりの人の多さに疲れてしまうのですが、別の意味では新たなエネルギーを補充してもらっているような気がするこのナイト・マーケット。バンクーバーにいらっしゃる際は、是非一度体験してみてください。


●Summer Night Market●
http://www.summernightmarket.com/main/default.asp

2010年08月17日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]