PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201110254155

カボチャ畑でカボチャ狩り 〜 カナダワーキングホリデー

カボチャ畑でカボチャ狩り 〜 カナダワーキングホリデー
広大なカボチャ畑
 10月も後半となりました。雨季となる秋にしては珍しく、綺麗な秋晴れが続いているバンクーバーです。来週月曜日に控えたハロウィーンも、この調子で晴れてくれるといいのですが。
 さて、冒頭にも書きましたが、ハロウィーンまで一週間を切り、街はハロウィーン・ムード一色となっています。デパートではハロウィーン用のコスチュームを大量に販売し、スーパーではジャコランタン用の大きなオレンジ色のカボチャが店頭に所狭しと並んでいます。我が家もこの時期になるとスーパーでジャコランタン用の大きなカボチャを買い求めていたのですが、今年はカボチャ畑まで足を運ぶ機会が出来たので行って来ました。

 やって来たのはバンクーバーのお隣のリッチモンド市。ここにある大きな農園『Richmond Country Farms』にて、人生初となる「カボチャ狩り」を体験して来ました。こちらの農園は普段からファーマーズ・マーケットがオープンしており、新鮮なオーガニック野菜やフルーツが購入できるとあって、とても人気があるのだそうです。私は今回初めてやって来たのですが、この農園の敷地内の充実度は目を見張るものがありました。家族連れの客は勿論、近場の保育園・幼稚園がよくフィールド・トリップ(遠足)に利用しているようで、ミニ動物園的な物や音楽ステージ、フード・スタンド等など設置されており、子供達が喜びそうなもので溢れていました。農園の外観からは想像できないです。

 そしてカボチャ畑までは少し距離があるとの事で、農場内を走るヘイ・カートに乗り、いざカボチャ畑へ。そうして辿り着いたカボチャ畑の広大な事!見渡す限りのカボチャ畑が広がっていました。本日も沢山の保育園が遠足でカボチャ狩りに来ているらしく、沢山の子供達がカボチャ狩りを楽しんでいました(日本の保育園の“芋掘り遠足”みたいな感じですね)。そしてその子供達に混じって私もカボチャ狩り!カボチャはちゃんと茎が切られていて、手に取って持ち上げるだけ。そんな数え切れない数のカボチャの中から、ようやく気に入った形のカボチャを見つけ、自宅に持ち帰りました。そうして手に入れたこのカボチャではありますが、ハロウィーンの前日〜当日まで彫り細工は施しません。何故なら、カボチャは彫り加工をした途端、物凄いスピードで腐敗が進行するからなんです。なのでそれまでは我が家のキッチンに手付かずの状態で鎮座して貰います。ジャコランタン作りが大好きなので、早く彫り細工をしたいんですけどね。
 
 これまではスーパーでラクに済ませていたカボチャの購入ですが、実際に畑までやって来てカボチャ狩りを体験すると、スーパーでの購入が何となく物足りない物に感じるようになってしまいました。来年のハロウィーンも、またこちらの農園でお世話になりそうです(笑)。ハロウィーンが終わったら本格的な冬の始まり。ついこの間まで夏だったような気がするのですが、時が過ぎるのは本当に早いですね・・・。



●Richmond Country Farms●

http://countryfarms.ca/index.htm

2011年10月25日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]