PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201201034257

カナダでの年末・年始 〜 カナダワーキングホリデー

カナダでの年末・年始 〜 カナダワーキングホリデー
今年の「御節」。製作中に材料が一つ足りず
買いに走る事になったものの無事完了。
 新年明けましておめでとうございます。2012年がスタートしましたね。昨年は悲しい出来事が多く起こりましたが、今年は全ての人々にとって良い出来事ばかりが起こる一年なる事を願って止みません。
 さて、日本では「正月三が日」という事で、3日までは「お正月」とされて仕事や学校もお休みとなりますが、カナダでは学校も仕事も3日には再開します。というもの、カナダでは「クリスマス」が一番重要な行事であり、それを過ぎてからやってくる「大晦日・元旦」はあまり重要視はされていないんです。なのでクリスマスは中国料理店以外の殆どの店舗が休業となりますが、元旦にはオープンしているお店が比較的多くあります。本当に日本と双方の“重要度”が間逆ですね。

カナダでの年末・年始 〜 カナダワーキングホリデー
大晦日に食べた「年越し蕎麦」。
いつもより具材が豪華!
 そんなカナダで生活している私ですが、何年カナダに住んでいようと心はやはり日本人。なので年末年始は出来る限り日本式に過ごす様にしています。クリスマス後には日系や中国系、韓国系のスーパーをハシゴして和食材を買い集め、12月30日のお昼過ぎから御節料理の準備を始めます。カナダで御節を作り始めて今年で4年目。一度作り始めたら、もう止められなくなりました(苦笑)。やはり、御節があるお正月は格別ですからね。
 そして大晦日の夜には24時間日本語放送チャンネルで『紅白歌合戦(録画・前日に生放送もあり)』を観ながら「年越し蕎麦」を頂きます。お蕎麦に乗せる具は御節で余った具です。お陰で、普段より少しだけ豪華なお蕎麦が頂けます(笑)。

カナダでの年末・年始 〜 カナダワーキングホリデー
年明け早々、夜な夜な作った丸餅。
手間は掛かりましたが美味しかったです。
 今回は「お餅作り」にも挑戦しました。しかも年が明けたばかりの真夜中に・・・(苦笑)。餅つき機がないので最初は蒸した餅米をスタンド・ミキサーで練っていたのですが、私は餅米の力を舐めていました・・・!餅米の粘り気の強さで途中からミキサーがガタンガタンと動き始め、「こりゃマズイ!」という事で途中終了。餅米をブレッド・メーカーに入れ替えて、無事、御餅を搗く事ができました。買った方が早いし、楽ですね。でも、作りたかったのでいいんです!
 こんな感じで、クリスマスはどっぷりとカナダ流に過ごし、年末年始はどっぷりと日本尽くしで過ごした私。これが海外に住んでいる醍醐味なのかもしれませんね。
2012年01月03日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]