PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200902172666

国境の町・ホワイトロックを散策 〜 ワーホリカナダ 〜

国境の町・ホワイトロックを散策 〜 ワーホリカナダ 〜
大岩「ホワイト・ロック」近づくと落書きだらけです。
先日、カナダとアメリカを結ぶ国境に位置する街ホワイトロック市に行ってきました。春先でまだ肌寒い現在は観光客も少ないものですが、夏にもなれば米加両国からの観光客で賑わう国境の小さな街・ホワイトロック。日本人からすれば、陸路でアメリカに行く際についつい素通りしてしまいがちだと思うのですが、ぜひ一度は立ち寄ってみて欲しい場所のひとつ。今回は、そんなホワイトロックを御紹介したいと思います。
ここ、ホワイトロック市はローワー・メインランドの南西端に位置する人口18,250人の小さな海辺の町。バンクーバーからだと距離にして45km、ホワイトロック市中心部からだと車で5分の距離にカナダ/アメリカ国境があります。ロングビーチ沿いの遊歩道からは国境のシンボル『ピース・アーチ』を眺めることが出来ます。平均気温は夏が摂氏17度、冬が摂氏4度と比較的穏やか。穏やかな気温・海辺の街、という好条件がそろっている為、ローワー・メインランド屈指の高級住宅地としても知られています。

国境の町・ホワイトロックを散策 〜 ワーホリカナダ 〜
450mもある桟橋。
引き潮時にはここから沢山の蟹が見えます。
そんなホワイトロックを象徴するのがこの大岩!その名も「White Rock」。実は、ホワイトロック市の地名の由来にもなった大岩なんです。氷河期の終わりにこのビーチに流れ着いた大岩で、重さは486トン。見た目は本当に真っ白な岩です。が、これは自然に白いのではなく、実は、観光客達によってされた落書きを消す為に定期的に白いペンキが塗られているんです。しかし、ず〜っと以前は本当に白かったそうで(岩に貼り付いた貝を食べる海鳥達の大量のフンによって白くなっていた)、19世紀には航海士達の目印としても使われていました。
ロングビーチ沿いにある2.5kmの遊歩道を歩いていると、海の彼方に向かってまっすぐ伸びる桟橋が見えてきます。この桟橋は450mあり、先端部分からはアメリカ合衆国ブレイン市が見えます。こんな景色が望めるのは国境の町であるホワイトロックならではですよね。

国境の町・ホワイトロックを散策 〜 ワーホリカナダ 〜
『Moby Dick』のフィッシュ&チップス。
ボリューム満点!
そうしてホワイトロック名物として忘れてはならないのが「フィッシュ&チップス」。ロングビーチ前のMarine Dr沿いには、それはもう沢山のフィッシュ&チップスを掲げるレストランが軒を連ねています。その中でも群を抜いて有名なのが「Moby Dick Restaurant(15479 Marine Drive, White Rock )」。ホワイトロックにとっては観光オフシーズンとなる冬場ですら、レストラン前には列が出来ている程の超人気店。観光の思い出に立ち寄ってみるのもいいかと思いますが、待ち時間があるのを御覚悟下さい!
だんだん暖かくなって、晴れ間も多くなってきたバンクーバー地方。たまには最南端の海辺の町で、海の向こうのアメリカを眺めつつ、ビーチを散歩してみるのも乙なのではないでしょうか。国境まで行かれる機会がある方は、是非、ホワイトロックにも立ち寄ってみてくださいね。
2009年02月17日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]