PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201006083380

どれにしようか迷ってしまう!218種類のジェラート 〜 カナダワーキングホリデー

どれにしようか迷ってしまう!218種類のジェラート 〜 カナダワーキングホリデー
今回試したチャイ・ジェラート。
本物の茶葉入りで濃厚でした。
前回の記事(もうすぐキャンプの季節 〜 カナダワーホリ)から一転、まるで冬の終わりに戻ったかのような気候になっているバンクーバー。ここ2週間ほど雨が降り続き、コートやジャケット無しでは外を歩けないような気温になっています。このように気温が低い日には、ついつい暖かい食べ物や飲み物に走ってしまいがちですが、体温が高い(?)カナダ人は違います。夏だろうと、冬だろうと、雪が降っていようと関係なく、一年中冷たい飲み物やアイスクリームを片手に街を歩いています。見ているこっちが震え上がりそうな光景ですが、カナダ人にとってはごくごく当たり前と言うんですから驚きです。
そんなカナダ・バンクーバーに「一年中大人気」のイタリアン・ジェラート屋さん『La Casa Gelato』があります。
どれにしようか迷ってしまう!218種類のジェラート 〜 カナダワーキングホリデー
お店の外観。
かなり目立つピンクの外観が目印。
このお店には季節に関係なく一年中お客さんが来ていて、その中には観光客も多数。「何故ただのジェラート屋さんに観光客が?」と思われるかも知れませんが、実はこのLa Casa Gelato、“ただのジェラート屋”ではないんです。何とここには218種類(!)ものジェラートが用意されていて、勿論この品数は世界最多。私も過去に何度も来ているのですが、今回、雨の合間の晴れ日があったので、久々に食べに行ってきました。
バンクーバー・ダウンタウンから少し離れた通りの一角に、一際目立つピンクの建物。それが今回ご紹介する『La Casa Gelato』です。お店の外観もカラフルですが、店内もとってもカラフル!壁には世界中の観光スポットが描かれたカラフルな絵がズラ〜ッと並び、それらの上には世界中の「歓迎」を意味する言語が書かれています。勿論「ようこそ ありがとうございます」という日本語も書いてあります。きっと、世界中からの観光客がこのお店に来るからなのでしょうね。

どれにしようか迷ってしまう!218種類のジェラート 〜 カナダワーキングホリデー
店内をグル〜っと一周するように
ジェラートのショーケースが並んでいます。
そして忘れていはいけない218種類のジェラートたち。味はスタンダードな物から「え!?こんな物までジェラートに!?」なんていう驚きの味も。カレー味、ワサビ味、バルサミコ酢味、トウモロコシ味、ドリアン味などがそうです。勿論、これらは全て試食可能なので、是非挑戦してみて欲しい品々です。私は毎回「今日こそ、凄い味を食べてみよう!」と思うのですが、結局は毎回スタンダードな味止まり・・・。いつか「私は○○味を食べた事がある!」と人に自慢出来るような味のジェラートを完食してみたいものです。
どれにしようか迷ってしまう!218種類のジェラート 〜 カナダワーキングホリデー
ショーケースのごく一部。
カレー味やワサビ味のジェラートが並んでいます。
こちらのジェラートは人工的な材料は一切使っておらず、全て自然食材から作られているのも大きな特徴。例を挙げると、オレンジ味なら“本物のオレンジ”を、紅茶味なら“本物の茶葉”を細かく砕いて使用しています。なのでどれも味は自然かつ濃厚。お値段は他のお店のジェラートに比べて少々高めかもしれませんが、使用食材と手間を考えれば納得の行く価格。バンクーバーにいらした際は、話の種に是非、挑戦してみて欲しいお店の一つです。

●La Casa Gelato
http://www.lacasagelato.com/
2010年06月08日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]