PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201211204743

クリスマス・シーズン到来 『Vancouver Christmas Market』  〜 カナダワーキングホリデー

クリスマス・シーズン到来 『Vancouver Christmas Market』  〜 カナダワーキングホリデー
去年のクリスマス・マーケットの会場。
 先週辺りから、朝方に道路が凍結するようになったバンクーバー地方。カナダ西部沿岸は雪が殆ど降らないのですが、そろそろ初雪の日も近くなったように思います。それに伴い街は一気に「秋」から「冬」の様相となり、クリスマス・デコレーションもあちこちで始まりました。そして今週土曜日(24日)には、バンクーバーの冬を盛り上げるイベントの一つ『Vancouver Christmas Market』が開催されます。今回は、このクリスマス・マーケットをご紹介したいと思います。
クリスマス・シーズン到来 『Vancouver Christmas Market』  〜 カナダワーキングホリデー
マーケットのど真ん中にはメリー・ゴーランドが。
 『Vancouver Christmas Market』とは、ドイツで約700年の歴史を持つ伝統的なクリスマス・マーケット『Christkindlmarkt』を再現したドイツ・スタイルの屋外クリスマス村のこと。バンクーバーで開催が始まったのは僅か2年前の2010年ですが、大好評につき年々訪れる人々も増え、今ではすっかり「バンクーバーの冬の風物詩の一つ」となりました。そして今回が三度目の開催となります。開催場所はバンクーバー・オペラ&バレエBCが本拠地とするクイーン・エリザベス・シアター前の駐車場で、ここは高層ビル群が立ち並ぶダウンタウンの一角に位置します。マーケット内に入ればクリスマス・ムード一色になるのですが、空を見上げるとマーケットを囲うように高層ビルが立ち並んでおり、なんとも妙な感覚に陥ります。
クリスマス・シーズン到来 『Vancouver Christmas Market』  〜 カナダワーキングホリデー
華麗な工芸品の数々。
やっぱり値段はちょっと高め。
 今年のクリスマス・マーケットの出店数は、物品&食品のブースを合わせると約40店舗になります。出店数も年々増えていっているようです。これらの店舗が、巨大なクリスマス・ツリー&メリーゴーランドを囲むように所狭しと立ち並んでいます。食品以外で販売されているのは「クリスマス・オーナメント」、「くるみ割り人形」、「伝統工芸のビールジョッキ」、「手作り石鹸」、「衣類」、「陶器」といった、主にクリスマス向けの工芸品。店舗の半数以上はドイツからの出店で、その他にポーランド、オーストリア、トルコ、ネパール、エクアドル、そして地元バンクーバーと、実に国際色豊か。多くの来場者はクリスマス・マーケット名物の「ホットワイン」が入った青い陶器のマグを片手に、それらの店舗を見て歩いています(カナダでは公共の場での飲酒が禁じられていますが、このマーケット内はOK)。ちなみに、このホットワインが入った陶器の器、飲んだ後に返却しないといけません。この他にも、20店舗近くの食べ物ブースがあり、ドイツ伝統の料理を楽しむ事が出来ます。
 
クリスマス・シーズン到来 『Vancouver Christmas Market』  〜 カナダワーキングホリデー
寒い屋外マーケットで大人気の
ホットワインのお店。この青い陶器は要返却。
 今年のクリスマス・マーケットは、今週末の11月24日から12月24日まで開催されます。なんと今年からは初回に入場料を払うと再入場パスが貰え、そのパスを使えば期間中に何度でもマーケットに出入りする事が出来るようになるそうです。これはマーケット・ファンにとっては朗報ですね。私は去年に引き続き、今年も行ってみようと思っていたのですが、今年は一度だけでなく複数回行くことになるかもしれませんね。この時期にバンクーバーいらっしゃる方は、是非一度覗いてみて下さい。
 

●『Vancouver Christmas Market』●
http://vancouverchristmasmarket.com/index.php

2012年11月20日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]