PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201202284339

色んなお店で試したい「シナモン・バンズ」 〜 カナダワーキングホリデー

色んなお店で試したい「シナモン・バンズ」 〜 カナダワーキングホリデー
私のイチオシのシナモン・バンズ。この極薄の
皮をペリペリむいて食べるのがいいんです。
 もうすぐ3月になるというのに、ここ数日の間にグン!と気温が下がったバンクーバー。少し前までは「もうすぐ春かな?」といった気候になっていたにもかかわらず、数日前に突然雪が降り、突風も吹き、それ以後はいきなり冬に逆戻りしたような寒さが続いています。バンクーバーの春はまだまだ先かもしれません・・・。
色んなお店で試したい「シナモン・バンズ」 〜 カナダワーキングホリデー
IKEAカフェのシナモン・バンズ。
スタンダードな形です。
 さて、今回はカナダで根強い人気があるスイーツ「シナモン・バンズ」についてお話したいと思います。シナモン・バンズは北欧がルーツと言われている菓子パンで、シナモン&ブラウン・シュガーを生地と一緒にクルクルと巻き込み、それを輪切りにしてオーブンで焼き上げたもの。日本では「シナモン・ロール」という名で御馴染みですよね。ここカナダではこの「シナモン・バンズ」は日本のそれとは比べ物にならない位とてもポピュラーな存在で、大抵のカフェやベーカリーでそのお店オリジナルのシナモン・バンズを提供しています。トッピングに関しては何も乗っていない物もあれば、表面に砕いた胡桃を乗せている物や、アイシング・シュガーをベッタリと塗っている物等、実に様々。そのお店の個性・拘りがシナモン・バンズの見た目に表れています。シナモン・バンズの専門店も幾つかあるんですが、私はジューイッシュの女性がオーナーを勤めるベーグル店のシナモン・バンズがお気に入りです。
色んなお店で試したい「シナモン・バンズ」 〜 カナダワーキングホリデー
とあるカフェのシナモン・バンズ。
甘さが控えめで、日本人の下に合う感じでした。
 実は私、カナダに来るまでは一度もこのシナモン・バンズを食べた事が無かったのですが、カナダでそれを初めて食べた時はとても驚きました。何に驚いたかと言うと、その「甘さ」にです!「北米人仕様」と言いますか、日本の菓子パンでは信じられないような甘さだったんですよね。それもあって最初は一つを完食出来なかったんです。が、これが不思議なもので、二回目に他のお店(上記のお気に入りのお店)でシナモン・バンズを見た時、何故かまた食べたくなったんですよ、シナモン・バンズが。そしてその時食べたシナモン・バンズの美味しかったこと!それ以来、すっかりシナモン・バンズの虜になってしまい、色々なカフェやベーカリーに行く度にシナモン・バンズを食べるようになりました。そして遂には自分で作るまでになってしまったという・・・。いやはや、カナダの菓子パンにここまでハマるとは思いませんでした。
色んなお店で試したい「シナモン・バンズ」 〜 カナダワーキングホリデー
『かもめ食堂』のシナモンバンズを
参考に手作りしたシナモン・バンズ。
形成は意外とシンプル!
 私は日本で一度も「シナモン・ロール」を食べた事が無いのですが、次回日本に帰った時は、是非とも日本版を食べてみたいと思っています。でも北米の甘さに慣れてしまっているせいか、ひょっとしたら日本のシナモンロールの甘味を物足りなく感じてしまうかもしれませんね・・・(苦笑)。
2012年02月28日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]