PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200901202621

カナダで祝う『旧正月』  〜 ワーホリ生活 〜

カナダで祝う『旧正月』  〜 ワーホリ生活 〜
大通りを色鮮やかな
ドラゴン達が飛び交い(?)ます。
来週月曜日1月26日は旧暦でいう1月1日。旧正月にあたります。膨大な数の中国系移民が占めるバンクーバーでは、毎年の旧正月は祭日でこそありませんが「Chinese New Year」として広く浸透しています。今回は、1月1日よりも盛り上がっているであろうカナダでの旧正月「Chinese New Year」についてお話したいと思います。
カナダで祝う『旧正月』  〜 ワーホリ生活 〜
様々な中国の民族衣装を見る事が出来ます。
まずは『旧正月』について少し補足を。旧正月とは言わずと知れた旧暦の元旦の事。1月22日〜2月19日辺りのいづれかの日にちで毎年異なり、今年2009年の旧正月は1月26日となります。バンクーバーの中国系の人々はグレゴリオ暦(新暦)のお正月にも仏教寺に初詣に行ったりしますが、重要性や盛り上がり、お祝いムードでは、やはり旧正月には到底及びません。
旧正月の数日間は街の至る所に「恭喜發財(ゴンヘイファッチョイ=「明けましておめでとう」の意)」の文字が書かれた垂れ幕や張り紙が貼られ、街中が旧正月の祝賀ムードに早変わり。
カナダで祝う『旧正月』  〜 ワーホリ生活 〜
私が貰った『お年玉』
ダウンタウンにあるチャイナタウンでは毎年盛大なチャイニーズ・ニュー・イヤー・パレードが開催されます。パレードでは中国の皇帝や皇后の衣装を着た人々や、きらびやかな民族衣装を来た人々、そして色鮮やかなドラゴンや獅子たちが「恭喜發財!」と声高々に言いながら、歩道を埋め尽くす見物客達の前を、時には赤袋に入った「お年玉」を配りつつ練り歩きます。このお年玉、私も一つ貰った事があるのですが、中身はキャンディーでした。ちなみに、このパレードには企業や政治家たち(BC州知事のゴードン・キャンベル氏など)も加わっていて、このイベントの注目度が伺われます。更に街のあちこちで祝賀の意味で鳴らされる爆竹の音と火薬の匂いが、否が応にもその場の雰囲気を盛り上げます。
カナダで祝う『旧正月』  〜 ワーホリ生活 〜
パレードの後はやっぱり飲茶!
カナダ、特にバンクーバーに関しては、新暦のお正月よりこの旧正月の方が盛大に祝われているし、中国系でないカナディアン達にも受けているのは確実ですね。私もこの旧正月の「おめでたいムード」が大好きで、パレード見物にもよく行っています。そして、パレードを観た後は同じチャイナタウンにある中華レストランで飲茶をし、その後はチャイナタウンのお店を練り歩くのが毎年のお決まり。今年もパレード見物に行き、旧正月気分にどっぷり浸りたいと思います。
2009年01月20日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]