PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201108024009

夏のウィスラーを満喫しよう! 〜 カナダワーキングホリデー

夏のウィスラーを満喫しよう! 〜 カナダワーキングホリデー
夏のウィスラー・ビレッジ。
冬とは全く違う感じです。
“ウィスラー”といえば世界的に有名なスキー・リゾートで、去年バンクーバーで開催された『2010年バンクーバー冬季オリンピック』の競技会場にもなった場所。日本の皆さんにも聞き馴染みのある名前だと思います。あまりにもウィンター・スポーツで有名な場所なので夏との関連性が余り感じられないかもしれませんが、実はウィスラー、ウィンター・スポーツ以外でもかなり楽しめる場所なんです。そんな訳で、今回は「夏のウィスラー」をご紹介したいと思います。
ウィスラーに行ってまず楽しみたいのが「ウィスラー・ビレッジの散策」。毎年200万人以上の観光客が訪れるウィスラーなだけあって、ビレッジの充実度はかなりのもの。それほど大きくは無い敷地に100件以上の様々なショップが軒を連ねています。冬とは違い、夏の気候の良い時期にウィスラーの歩行者専用道路を買い物したり、ウィンドウ・ショッピングをしながら散策、というのもなかなか楽しいです。

夏のウィスラーを満喫しよう! 〜 カナダワーキングホリデー
街中を流れる水は真夏でも
氷水のような冷たさ!
「空からの景色」も忘れてはならないウィスラーのお楽しみの一つ。ビレッジの広場と山頂を繋ぐスキーリフト&ゴンドラで、空中から夏のウィスラーを眺めてみましょう。リフトやゴンドラからは勿論、ウィスラー・マウンテンの山頂に上がると、冬の一面の雪景色とは違った夏の清々しいウィスラーの景色を堪能する事が出来ます。ウィスラー・マウンテン頂上とブラッコム・マウンテン頂上を繋ぐ“世界最長のゴンドラ”『PEAK 2 PEAK』もお勧め。距離にして4.4kmあり、夏のコースト・マウンテンズを眺めつつの「11分の空の旅」を楽しむ事が出来ます。
そして夏のウィスラーで是非お勧めしたいのが「ハイキング」。標高675mのウィスラー・ビレッジを拠点に、様々なハイキング・コースが整備されています。ウィスラー&ハイキング初心者にお勧めなのは『バレー・トレイル(Valley Trail)』。全長約30kmの舗装された複数のコースから成り立っており、ウィスラー・ビレッジの色々な場所からアクセスが可能です。ウィスラー・ビレッジ周辺の住宅街〜森〜湖を網羅したハイキング・コースで、所要時間はコースによって往復30分から2時間。気軽にウィスラー・ハイクが楽しめる人気コースです。

夏のウィスラーを満喫しよう! 〜 カナダワーキングホリデー
ゴンドラはかなり高い位置を運転するので、
高所恐怖症の人はかなりの恐怖を味わうかも!?
ハイキング慣れした人で「もっとウィスラーの大自然を楽しみたい」という人には『ハイノート・トレイル(High Note Trail)』がお勧め。これは“ウィスラー・マウンテンの目玉コース”とも言われる人気コースで、全長5.1km、所要時間は歩くスピードによりますが大体、往復3〜6時間です。ビレッジからゴンドラに乗って辿り着いた標高約2200mのウィスラー・マウンテンの頂上を歩くコースで、コース途中では美しい高山植物、そしてチャカマス湖、セブンス・ヘヴン、ブラック・タスクといった「ウィスラーを代表する景色」を大パノラマで望む事が出来ます。
夏のウィスラーを満喫しよう! 〜 カナダワーキングホリデー
ウィスラー・マウンテンの頂上から見た景色
ハイキング以外にも夏のウィスラーには「マウンテン・バイキング」や「乗馬」「ウェッジ・ラフティング」「ゴルフ」「ジップ・トレック」などアクティビティーが満載。まだ夏のウィスラーに行った事がない方は、夏も見どころ・遊びどころが盛り沢山のウィスラーに足を伸ばしてみては如何でしょうか?冬とは一味違ったウィスラーに出会えますよ。
2011年08月02日(火) written by Saori from (カナダ)
Comment(0)


カナダ関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]