PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201805016352

『カフェ』事情。アイリッシュお気に入りのコーヒーは? 〜 アイルランドワーキングホリデー

『カフェ』事情。アイリッシュお気に入りのコーヒーは? 〜 アイルランドワーキングホリデー
カフェタイム!カプチーノと
スコーンでのんびり。

 今やすっかり市民権を得た、アイルランドのカフェ。10年ぐらい前から雨後の筍のごとく、たくさんのカフェがオープンしたように記憶していますが、それまではカフェはほとんどなく、ダブリンで有名なビューリーズ(Bewley's Café)や、全国展開のサンドイッチバー、オブライエンズ(O'Briens)、そして雑貨が可愛いアヴォカ(Avoca)のカフェなど数えるほどだったような気がします。
 ちょっとお茶しようかな、と言う時はよくパブに行ったりしていたのですが、今やこんなにオシャレなカフェが増えているので、バリスタがいるわけでもない、そして美味しいケーキやスコーンなどもあまりないパブでは、今ではちょっぴり役不足なのかもしれません。

 英国発のコスタカフェ(Costa)、そして日本でもお馴染みスターバックス(Starbucks)といったチェーン店も多くあり、ちょっと休憩できるカフェがあるのは嬉しいですが、当然ながら今や、アイリッシュ好みのコーヒーなども、色々と出てきている様子。
2017年にUCC Coffee Irelandによって行われたリサーチによると、3人に1人がカフェで毎日コーヒーを購入しており、コーヒー一杯で3.08€は喜んで支払えるとのこと。その中でもさらに10人に1人のコーヒー好きさんは、美味しいコーヒーなら一杯5ユーロ払っても構わない!と考えているのだとか。


『カフェ』事情。アイリッシュお気に入りのコーヒーは? 〜 アイルランドワーキングホリデー
ホテルに入っているこのカフェには、
素敵な庭もありました。

 特にダブリンやコークなど都市部では、さらにカフェの数が多いだけあり、ダブリン在住者の4割は毎日外で一杯は必ずコーヒーを飲むそうで、コークやケリーなどアイルランド南西部でも、38%の人が1日一度は必ず外でコーヒーなのだそうです。
 そして、コーヒーにも色々ありますが、アイルランド人が良くオーダーするお気に入りコーヒーは、1位カプチーノ、2位アメリカーノ(エスプレッソをお湯で薄めたコーヒー)、そして3番目に人気のあるコーヒーがラテ。
他のヨーロッパの国、例えばフランスやイタリア、ベルギーなどで良く消費されるエスプレッソは、アイルランド人には濃厚すぎるのか、ベスト3には入っていませんでした。


 私自身はしょっちゅうコーヒーのテイクアウトをしたり、カフェへ行ったりするタイプではありませんが、たま〜にちょっと贅沢気分を味わい時に、ホテルのカフェやアイルランドの本屋さんなどに入っている、小さなカフェ(インソムニア/ Insomniaなど)でゆっくり時間を過ごすのが好きです♪



2018年05月01日(火) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]