PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
201504075790

スコッチウィスキーとアイリッシュウィスキーの違いとは 〜 アイルランドワーキングホリデー

スコッチウィスキーとアイリッシュウィスキーの違いとは 〜 アイルランドワーキングホリデー
アイルランドはコークにあるミドルトン蒸留所。

 前回の«「マッサン」から国際結婚を考える(2015年3月10日掲載)»の続編として、今回はウィスキーのお話です。ニッカウヰスキーの創業者であり、日本で初めて国産ウィスキーを作った竹鶴政孝さん、そしてその妻・リタさんをモデルに創作された作品ということで、 国産ウィスキーも受け入れてもらうのが大変な時代であったわけですが、ウィスキーをお手本先として選んで学んだのがスコットランドのウィスキーだったのだそうですね!アイルランドも自分たちのウィスキーに誇りを持っていますが、蒸留所の数はスコットランドが断然多いと思います。

 スコットランド観光局によれば、50以上の蒸留所があるのだそうです。アイルランドも以前はたくさんあったそうなのですが、生き残るために吸収・合併を繰り返し、現在は4つ。しかもすべてがフランスや英国、日本といった外国企業に買収されています。
ウィスキーでよく比べられるのが、アメリカ発バーボン・ウィスキー、スコットランド発スコッチウィスキー、そしてアイルランドはアイリッシュウィスキーな のですが、それぞれに違いがあるそうで、蒸留回数が一番多いのがアイリッシュウィスキーの3回、バーボンは1回、そしてスコッチウィスキーは2回というこ とです。
 さらに、スコッチウィスキーは製造過程の中で、ピート(泥炭)を使って乾燥させるため、その香りがスコッチウィスキーをスモーキーな香りにするのだとか。


スコッチウィスキーとアイリッシュウィスキーの違いとは 〜 アイルランドワーキングホリデー
ミドルトン蒸留所内にある
博物館では、ウィスキー
テイスティングも体験できます。

 私自身好んでウィスキーをたしなむ、というほどオトナではないのですが(笑)、アイリッシュウィスキーが一番飲みやすくて好きです。蒸留回数が多いので不純物がその分少なくなり、なめらかでほのか〜甘い口当たりが良いところかなあ、と思います。

 ところでウィスキーという英語の綴りは2種類あるのですが、これも違いがあるのだとか。「Whiskey」そして「Whisky」というスペルがそうなのですが、区別がされておりアメリカのウィスキーとアイリッシュウィスキーには前者、スコッチは後者の綴りが用いられるのだということです。日本のウィスキーの場合は、やはりお手本がスコッチウィスキーであったことから、スコットランドと同様の「Whisky」が用いられているようです。

 私はやはり«ウィスキー»の語源となったゲール語の、Uisce beatha(ウィシュケベァハ/「命の水」の意)が一番良いなと思います。でもスペルが難しい……。


2015年04月07日(火) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]