PageTopワーホリネット | ワーキングホリデーとは
200805232291

アイルランドの水事情 〜 ワーホリ 生活 〜

アイルランドの水事情 〜 ワーホリ 生活 〜
シャワーを浴びた後、
髪や肌ががさがさするのも硬水の仕業。
ヨーロッパでは水道水が硬水という国が多いのですが、アイルランドもそんな国たちの一つです。とはいえ、他の国に比べればそれほど度の強い硬水というわけでもないようです。
 アイルランド南西部(ケリー州など)や北西部(スライゴーなど)、そして内陸部の一部では日本のように軟水ですし、ダブリン北部や北アイルランドとの国境区域は『軟水と硬水の中間ぐらい』だったりするからです。ですから一般的に言って、アイルランドの水道水を飲んでも何ら問題はありません。
 ところがクレア州、ゴールウェイ州など石炭紀の石灰岩が一面に広がるバレン高原に近い地域では、雨水にこれらの石灰分が多く含まれるため、アイルランドの中でも特に強い硬水地域となります。そういうわけでこの地域に住む予定でいるワーホリメーカーの方はキッチン、シャワー、ティーケトルの内側などにへばりつく石灰の『かす』(Limescale)と闘う覚悟で来てください(笑)。→ちょっとオーバーかな?
 しかもこのLimescaleがなかなかの曲者で、地方によっては洗濯機やシャワーなどのパイプの目詰まりなどを起こし、破損の原因になったりもします。時々お酢などでティーケトルの洗浄をするのはちょっと面倒臭いかも… 。

 更にこれらの地域にはもう一つ問題があります。適切な水道処理施設が完備されていないなどの理由で、ゴールウェイやクレア(特にエニス)では大腸菌による水の汚染問題が数年前から発生しており、水道水を口に含んだお年寄りや子どもたちが激しい下痢などに見舞われるといったことが起きました。
 そこでクレア・ゴールウェイ地域では、用心して水道水を使わず、ミネラルウォーターを常備しているという家庭もかなりあるようです。
 そういうわけですので、この地域に在住する方は、生の水道水を使わず沸騰させるか、ミネラルウォーターを使用することを念のためオススメします。
2008年05月23日(金) written by Uisce 『エール備忘録』 from (アイルランド)
Comment(0)


アイルランド関連の記事

この記事へのご感想は以下のフォームからどうぞ

お名前 [必須入力]
コメント [必須入力]
5000文字まで。(コメントにリンクは書き込めません。)
※記事の内容に沿わないコメントはお控えください。
※質問やお問い合わせはお控えください。


[ PR ]